fc2ブログ
 
  

ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリー:クリムト、シーレ、ラープ、マッシュ、フリードリヒ、ダヴィッド、ジェラール

2019年9月8日日曜日@ウィーン/9回目

ベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereの上宮Oberes Belvedereのオーストリア・ギャラリーÖsterreichische Galerie Belvedereで絵画鑑賞中です。
素晴らしいクリムト、シーレの作品に魅了されています。

グスタフ・クリムトGustav Klimtの1917/1918年、55/56歳頃の作品、《ヨハンナ・シュタウデの肖像Johanna Staude》です。クリムトの遺作であり、最後に描かれた肖像画のひとつです。モデルのヨハンナ・シュタウデ(未亡人のヴィドリッカ)は当時、34歳であり、彼女は現代の天使とも呼ばれ、ともかく、現代的なファッション感覚を身に着けた最先端のモデルだったようです。ショートヘアでお洒落なドレスを着ています。そのドレスはウィーン工房Wiener Werkstätteによるものです。肖像画自体は以前のものと比べると、その穏やかでシンプルな構成が特徴的です。ただし、この肖像画は未完であり、唇が完成していません。その理由はクリムトによると、彼女がスタジオに来なくなったからだそうです。背景も単色で塗られていますが、装飾画的に描き直される可能性も考えられます。いずれにせよ、色んな意味でクリムトにしては一風変わった肖像画です。

2020071001.jpg



エゴン・シーレEgon Schieleの1917年、27歳頃の作品、《抱擁Die Umarmung》です。シーレの晩年の傑作です。1917年と翌年の亡くなる1918年のシーレ作品はすべて傑作揃いで、saraiは大好きなものばかりです。これも素晴らしい作品で、男女の愛を描いたという事実を超えて、その画面を通して、人間の互いに思いやる優しい気持ちを永遠に結びつけるような究極の作品です。

2020071002.jpg



ゲオルク・マーティン・イグナーツ・ラープGeorg Martin Ignaz Raabの1874年、53歳頃の作品、《皇帝フランツ・ヨーゼフ1世Kaiser Franz Joseph I.》と《皇后エリザベートKaiserin Elisabeth》です。王室の肖像画を多く手掛けたゲオルク・ラープによる皇帝夫妻です。もっとも二人の肖像画を並べただけで、別々の肖像画ですけどね。やはり、エリザベートの美しさが光りますね。

2020071003.jpg



フランツ・フォン・マッシュFranz von Matschの1916年、55歳頃の作品、《死の床の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世Kaiser Franz Joseph I. auf dem Sterbebett》です。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の死は実質的におよそ400年続いたハプスブルク帝国の終焉を示すものでもありました。

2020071004.jpg



カスパー・ダーヴィト・フリードリヒCaspar David Friedrichの1822/1823年、48/49歳頃の作品、《エルベサンドスタイン山の風景Felsenlandschaft im Elbsandsteingebirge》です。saraiはフリードリヒの絵画が好きでドイツの美術館ではまず、フリードリヒの作品を探します。ドイツ以外では、このウィーンの美術史美術館にフリードリヒの作品があることを知っていましたが、まさか、この美術館にもあることは知らず、今日、初めて、その存在を知りました。迂闊でした。ここにはフリードリヒの作品が6枚も所蔵されているようです。今回はこの1枚だけを見ることができました。エルベ川沿いのいわゆるザクセン・スイスのようですね。フリードリヒらしく、崇高な自然が描き出されているロマン派らしい絵画です。意外な邂逅で嬉しくなりました。

2020071005.jpg



ジャック=ルイ・ダヴィッドJacques-Louis Davidの1801年、53歳頃の作品、《サン=ベルナール峠を越えるボナパルトBonaparte franchissant le Grand-Saint-Bernard》です。この有名なナポレオンの絵がここで見られるのは意外ですが、この絵は全部で5枚描かれ、ヴェルサイユ宮殿などに展示されています。この美術館にある絵は元々、ナポレオンの支配下だったミラノにあったものを後にミラノを支配下に収めたオーストリアが強引にウィーンに持ち去ったものです。本来なら、返還交渉が行われるところですが、フランス国内にも同じ絵があることで、あまり、問題になっていないようです。まあ、何とも勇ましい作品ですね。ダヴィッドの代表作とは言えませんが、こんなに有名な絵もそんなにありません。

2020071006.jpg



フランソワ・ジェラールFrançois Pascal Simon Gérardの1801年、53歳頃の作品、《モリッツ・クリスティアン・フォン・フリース帝国伯と妻のマリア・テレジア・ヨゼファと息子モリッツMoritz Christian Reichsgraf von Fries mit seiner Frau Maria Theresia Josepha, geb. Prinzessin Hohenlohe-Waldenburg-Schillingsfürst, und dem Sohn Moritz》です。フランソワ・ジェラールはダヴィッドの弟子の新古典主義の画家です。ナポレオンの肖像を描いています。師のダヴィッドに代わって、レカミエ婦人の肖像も描いています。この肖像画もいかにもフランスの新古典主義らしい描き方の美しい絵画です。

2020071007.jpg



これで急ぎ足の美術館鑑賞は終了。
世紀末芸術の傑作揃いで、圧巻の展示にまたまた感銘を受けました。なかでも、たっぷりと、クリムトとシーレを堪能しました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR