fc2ブログ
 
  

ウィーンと言えば、カフェ・ハイナー。夕食はホイリゲで。

2019年9月8日日曜日@ウィーン/10回目

ベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereの上宮Oberes Belvedereのオーストリア・ギャラリーÖsterreichische Galerie Belvedereで素晴らしいクリムト、シーレの作品を堪能しました。

さて、美術を堪能した後はグルメでしょう。旧市街に出て、お茶でもしてきましょう。Dラインのトラムに乗って、町の中心、ケルントナー通りKärntner Straßeに向かいます。

2020071101.jpg



懐かしのシュターツオーパーWiener Staatsoper前の停留所、ケルントナーリング/オパーKärntner Ring. Operで、トラムを降ります。

2020071102.jpg



ケルントナー通りは、相変わらず賑わっています。シュターツオーパーの姿を横目に見ながら、一目散にsaraiのお気に入りのカフェへ急ぎます。目指すは、saraiの御用達のL.ハイナーです。ケルントナー通りに面したお店はいろいろ変わっていますが、ハイナーは変わらず健在。到着後、さっと2階に上がると、地元の方たちが寛いでいます。

2020071103.jpg



が、結構、空席もあります。窓際の席はありませんが、空いている席をさっと確保。

2020071104.jpg



ポット入りの紅茶をお願いします。たっぷり4杯分はあるので、二人で一つのポットとカップを2つお願いします。慣れたもんです。ケーキはケースに並んでいるものから、ハウストルテ(チェコレートトルテです)と配偶者ご指定のアプフェルシュトゥルーデルをお願いします。相変わらず、ハイナーのケーキは美味しい。4年ぶりに味わいます。満足です。

2020071105.jpg



お気に入りのカフェでゆったりした時間を過ごします。さて、お会計。ハイナーは、カードでの清算は1階に下りてするので、スタッフのおばさんと1階に移動しなければいけません。おばさんへのチップを握りしめ、カードでの清算をお願いすると、何とクレジットカードの清算マシンを持ってきます! 4年も来ないと、システムも変わるのですね。
シュターツオーパーの音楽ショップ、アルカディアをちょっと覗いて、トラムでホテルに戻り一服です。
今の時期、ウィーンのホイリゲは新酒が供されます。ネットでグリンツィングのホイリゲに予約を入れます。ホテルで一休みした後、ホテルの近くのトラムの停留所、レンヴェークRennwegからトラムに乗って出かけます。

2020071106.jpg



71番のトラムでショッテントーアSchottentorまで行って、別のトラムに乗り換えます。71番の停留所は地上にありますが、ここから先の行くトラムの停留所は珍しく地下にあります。地下から地上を見上げると、ヴォティーフ教会Votivkircheの2本の尖塔が見えています。

2020071107.jpg



次々とトラムがやってきますが、乗るべき38番のトラムだけがやってきません。

2020071108.jpg



ようやく、10分近く待って、38番のトラムに乗ります。地上に出ると、目の前にヴォテーフ教会が見えます。

2020071109.jpg



トラムの乗り継ぎも含めて、全部で1時間弱で無事、グリンツィングGrinzingに到着。

2020071110.jpg



ここまで来ると、大都会のウィーンの賑わいから田舎の長閑さに変ってしまいます。夕暮れ時の景色が、いっそう長閑さを演出してくれます。

2020071111.jpg



ここからはスマホの道案内アプリMAPS.MEがまた助けてくれます。

2020071112.jpg



そぞろ歩きで、予約したホイリゲに迷わずに向かいます。

2020071113.jpg



5分ほど歩いて、予約したホイリゲに到着です。ホイリゲは有名店のツム・マルティン・ゼップZum Martin Sepp。

2020071114.jpg



通路の奥に中庭があります。

2020071115.jpg



入り口にモストMOST、シュトゥルムSTURMの看板が下がっています。これはシュトゥルムを飲まないとね。シュトゥルムは葡萄を収穫後、葡萄ジュースから発酵途上のワインです。この時期しか飲めません。

2020071116.jpg



さあ、中に入りましょう。中庭の奥に居心地のよさそうな建物があります。

2020071117.jpg



お客さんはまだそんなに多くはないです。入り口では、アコーディオン奏者が、ささやくように弾いています。

2020071118.jpg



予約した旨を告げると席に案内されます。一番奥まった落ち着ける席です。

2020071119.jpg



さあ、ホイリゲのお酒と料理を楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR