fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:始めはツーリストインフォメーションから

2019年9月12日木曜日@ルツェルン

旅の9日目、ルツェルンLuzernの2日目です。

快晴を感じさせるアパートの窓から見える狭い空。今日は朝から雲一つない青空です。配偶者の「晴れ女」はまだまだ健在です。今日は、晴れたらピラトゥス山Pilatusへ上ってみようと計画していたのですが、この絶好の天気では行かない理由はありませんね。今日こそ、一昨年の借りを返すためにピラトゥス山に上ります。一昨年は厚い雲でピラトゥス山が覆われていたので、行くことを断念したんです。と言っても、今夜は大事なクルレンツィス指揮ムジカエテルナのモーツァルトのオペラが6時半からあるので、さっと行ってさっと帰ってきます。
昨日の飛行機でもらったパンと紅茶で、簡単に朝食を済ませます。

2020081601.jpg



さて、まずはルツェルン駅に向かいます。最寄りのバス停に歩いていくと、こんなに青空です。

2020081602.jpg



バス停はすぐそこに見えています。が、その前にバスのチケットを購入しておきましょう。

2020081603.jpg



チケットの自動販売機が手前のバス停に設置されています。クレジットカードで購入します。

2020081604.jpg



熟慮の末、1日券を買います。これがそのチケット。でも、実際は1回券をその都度買ったほうが安かったんです。4回以上乗車しないと駄目なんです。失敗!

2020081605.jpg



ルツェルン駅行のバス停の前に立ちます。

2020081606.jpg



バスの時刻表を確認します。1時間に4~6本走っています。次のバスはあと数分でやってきます。

2020081607.jpg



これがルツェルンの市内バスの路線図。市内をくまなく走っていますね。ルツェルンはトラムも地下鉄もないので、バスが唯一の公共交通機関です。

2020081608.jpg



バスに乗って、ルツェルン駅に到着。賑やかな駅前です。

2020081609.jpg



真っ青な空につられたのか、駅は山に出かける様子の人でいっぱいです。まずは、駅のツーリストインフォメーションにいって、ピラトゥス山に行く相談をしましょう。ツーリストツーリストの場所は熟知しているので、すぐに到着。

2020081610.jpg



早速、スタッフの女性をつかまえて、ピラトゥス山を周遊するコースの相談をします。

2020081611.jpg



saraiが相談している間、配偶者はツーリストツーリストで販売しているお土産物を眺めています。スイスらしい小さな人形などが並んでいます。

2020081612.jpg



でも、やはり、スイスは物価が高く、ちょっとしたものもいい値段です。

2020081613.jpg



さて、ピラトゥス山へのコースですが、湖船もいいわよと勧められますが、一昨年、フィアヴァルトシュテッテ湖Vierwaldstättersee(ルツェルン湖)のクルーズ船に乗ったし、早めに戻りコンサートに備えたいので、電車で行くことにします。その代わり、行きは登山電車、帰りはロープウェイの周遊コースにします。

行き: ルツェルン ⇒ 電車 ⇒ アルプナッハシュタットAlpnachstad ⇒ 登山電車 ⇒ ピラトゥス山頂(ピラトゥス・クルムPilatus-Kulm)
帰り: ピラトゥス山頂(ピラトゥス・クルムPilatus-Kulm) ⇒ ロープウェイ ⇒ リフト ⇒ クリエンスKriens ⇒ 市内バス ⇒ ルツェルン駅

以上の周遊コースに決定。

もちろん、案内ガイドのパンフレットもいただきます。

2020081614.jpg



これがそのパンフレットに記載されているピラトゥス山周遊コースです。女性スタッフがルートの乗換え点にマークしてくれます。

2020081615.jpg



ピラトゥス山周遊チケットは登山電車の駅で実際の乗車チケットに交換するんだそうです。ついでに今のピラトゥス山の山頂の様子をWEBカメラで見せてもらいます。素晴らしい天気です。楽しみですね。
ピラトゥス山周遊チケットはそれなりに高額です。クレジットカードで精算。これが購入した周遊チケット。一人85.2スイスフランもします。一昨年は半額カードを購入したので、もう少し安く購入できたんでしょうね。

2020081616.jpg



女性スタッフに楽しんできてねと笑顔で送り出されます。しかし、ここに大きなトラブルの種が潜んでいたんですが、そのときは知る由もありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR