fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:草原の中を走るピラトゥス鉄道

2019年9月12日木曜日@ルツェルン/5回目

絶好の天気の中、ピラトゥス山Pilatusに向かっています。登山電車、ピラトゥス鉄道Pilatusbahnの始発駅、アルプナッハシュタットAlpnachstadからピラトゥス山頂のピラトゥス・クルムPilatus Kulm駅に向けて、登山電車が出発したところです。
駅から少しだけは複線区間になっていて、左側の線路は増結用の車両が停車しています。線路はラックレールになっていて、2本の線路の間にロッヒャー式のラックレールが敷設してあります。このラックレール(歯車)を登山電車に取り付けられた2枚の歯車が挟みつけるように嚙み合わせることによって、急勾配の坂を上ることができます。この方式のラックレールはこの路線のために19世紀の技術者ロッヒャーが開発したそうです。このロッヒャー式のラックレールは1889年のパリ万博に出展されて、評判を呼んだようです。

2020082001.jpg



停車している増結用の車両とすれ違います。

2020082002.jpg



右手にはフィアヴァルトシュテッテ湖Vierwaldstättersee(ルツェルン湖)の西につながるアルプナッハ湖Alpnachseeの美しい風景が眺められます。残念ながら、湖が見えるのはこのあたりだけです。

2020082003.jpg



線路は単線になります。基本、このピラトゥス鉄道Pilatusbahnはすれ違い用の途中駅、エムジーゲンÄmsigenを除き、単線です。

2020082004.jpg



美しい放牧地の草原の中を登山電車は走っていきます。

2020082005.jpg



草原の向こうに岩山が聳えたっています。あれがピラトゥス山のあたりでしょうか。

2020082006.jpg



やがて、登山電車は低い灌木の間に入っていきます。

2020082007.jpg



周りの眺望が悪くなり、線路もこの先、カーブが増えます。

2020082008.jpg



すぐに灌木地帯を抜けて、また、草原の中を走ります。しかし、凄い急勾配を上っていきます。既に湖は見えなくなっています。

2020082009.jpg



見上げると、真っ青な空が広がっています。素晴らしい好天です。

2020082010.jpg



また、灌木地帯を走り、大きなカーブに差し掛かります。時速10キロくらいのノロノロ運転です。

2020082011.jpg



周りには剝き出しの岩場もあります。

2020082012.jpg



しかし、まだ、このあたりは放牧地の草原で、岩は点在するだけです。

2020082013.jpg



前方にトンネルが見えてきます。

2020082014.jpg



トンネルと言っても、岩を手掘りでくり抜いたような感じの穴です。作ったのは今から130年前の1889年ですから、大変な工事だったのでしょう。

2020082015.jpg



トンネルに入ると、すぐに出口が見えます。とても短いトンネルです。これだったら、手掘りでも何とかなったのでしょう。

2020082016.jpg



トンネルを抜けると、また、灌木の間を走ります。

2020082017.jpg



また、すぐに前方にトンネルが見えてきます。

2020082018.jpg



ここで運転士が振り向いて、指差しながら何か言っています。運転士が指さす方を見ると、アルプスの動物、シュタインボックが電車の横を走っていきます。一瞬のことで写真は取り損ねます。残念。
すぐに登山電車はトンネルに差し掛かります。トンネルの岩山が邪魔しなければ、写真が撮れたのにね。でも、親切な運転士さんには感謝!

2020082019.jpg



ここまで、登山電車はまだ、全区間の3分の1ほど走っただけです。この先、ピラトゥス山に近づくと、パノラマ風景が見えるかもしれません。期待しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR