fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:岩山のトンネルを通り抜け、ピラトゥス山頂のピラトゥス・クルム駅に到着

2019年9月12日木曜日@ルツェルン/8回目

絶好の天気の中、ピラトゥス山Pilatusに向かっています。ピラトゥス鉄道Pilatusbahnの始発駅、アルプナッハシュタットAlpnachstadからピラトゥス山頂のピラトゥス・クルムPilatus Kulm駅に向けて、最後のアプローチにかかるところです。
ピラトゥス山の山頂が見えてきます。岩山の中腹には岩を穿ったトンネル(片側がオープンになっています)が見えます。

2020082401.jpg



最後の草原の線路を走って、岩山のトンネルに向かっていきます。

2020082402.jpg



左手にはまだ草原と岩山が見えています。

2020082403.jpg



草原のラックレール式の線路を登っていきます。

2020082404.jpg



岩山のトンネルがだんだん、大きく見えてきます。

2020082405.jpg



草原の急な坂を登り切り、トンネルに突入します。最初は普通のトンネル(両側が閉じています)です。

2020082406.jpg



すぐにトンネルの左側がオープンになり、今まで走ってきた草原とその向こうのアルプスの峰々が眺められます。

2020082407.jpg



これは絶景です。左側の座席に座っていてよかった! ピラトゥス鉄道の登山電車に乗るのなら、左側の座席に座るのが鉄則ですよ。

2020082408.jpg



岩山のトンネル内を登っていき、どんどん、眺めが美しくなります。トンネルの左側をオープンにしてくれたお陰で大パノラマが眺められます。

2020082409.jpg



ふと草原に続く線路に目をやると、こちらに上ってくる2両の登山電車が見えます。あれっ、あれはさっきの途中駅ですれ違った車両じゃないでしょうか。どうやら、車両のやりくり上、途中駅で車両の入れ替えをしたのかな。多分、山頂駅には余分な車両の停車場所がないのでしょう。

2020082410.jpg



ともあれ、後続の車両を眺めながらも、大パノラマに目を奪われます。

2020082411.jpg



山々が幾重にも重なって、彼方にはアルプスの連山が明るい陽光に輝いています。この風景を眺めただけでも、今日、ピラトゥス山にやってきた甲斐がありました。

2020082412.jpg



やがて、前方にピラトゥス・クルムの大きな建物が見えてきます。既に岩山の中腹にくり抜かれたトンネルは出ました。

2020082413.jpg



先ほど下の草原から見えていた岩山も既に眼下に見えています。草原の中の登山道もよく見えます。

2020082414.jpg



ピラトゥス山の山頂はまだまだ高く聳えています。

2020082415.jpg



登山道を下りていく人影が見えます。登るのは大変ですが、登山電車で山頂駅まで行き、帰りは歩いて下りるというのも楽しそうです。今日のような好天ならね。

2020082416.jpg



いよいよ、前方に山頂のピラトゥス・クルムPilatus Kulm駅が見えてきます。

2020082417.jpg



どんどん、駅の姿が大きくなってきます。

2020082418.jpg



駅の階段式ホームに滑り込んでいきます。山頂駅は大きなホテルの建物に直結していますね。ホテルはその名もホテル ピラトゥス クルムHotel Pilatus-Kulmです。

2020082419.jpg



山頂のピラトゥス クルム駅にほぼ到着。ほぼ30分の絶景の鉄道旅でした。

2020082420.jpg



素晴らしい青空の下、ピラトゥス山頂ではきっと美しい風景が眺められるでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR