fc2ブログ
 
  

ピラトゥス山周遊:思わぬトラブルにもめげずにアルプスの絶景を堪能

2019年9月12日木曜日@ルツェルン/9回目

絶好の天気の中、ピラトゥス鉄道Pilatusbahnでピラトゥス山Pilatusの山頂のピラトゥス・クルムPilatus Kulm駅に登りました。
登山電車の先頭の席で素晴らしい眺めを楽しみながらの登山でした。最高の席に乗って、移り変わる景色を楽しむこと30分、素晴らしい体験になりました。
山頂駅に着き、快晴の空の下に立ちます。もう素晴らしい景色です。

2020082501.jpg



山頂駅の反対側にはロープウェイがルツェルンLuzern方面に伸びています。帰りはこのロープウェイを利用します。このロープウェイもピラトゥス鉄道の一部です。

2020082502.jpg



ここでsaraiは帽子(前年にハイデルベルク大学で買った野球帽)をホテルに置いてきてしまい、帽子を被っていないことに気が付きます。配偶者からピラトゥス山登山記念にまた帽子を買えばいいじゃないと言われ、その気になって、お土産品屋を覗くと、ちょっとお高いですが、なかなかおしゃれな帽子を見つけます。これにしましょう。その帽子がこれです。

2020082503.jpg



キャッシャーに行き、クレジットカードでお願いしますと言って、財布を出すと、先ほど、ツーリストインフォメーションで周遊チケットを買ったときに使ったクレジットカードが見つかりません。その場は配偶者のクレジットカードを使いますが、これはまずい! カバン中探しますがクレジットカードが出てきません。またもやトラブル発生。どこかで落としたのかな。周遊チケットを買った後は、どこでもクレジットカードを使った覚えはありません。周遊チケットを買ったときになくしたとしか考えられません。後でルツェルン駅のツーリストインフォメーションに寄って、クレジットカードがなかったか訊いてみましょう。なければ、すぐに日本のカード会社に電話して、利用停止の手続きをとりましょう。嫌な気分になりますが、この件は帰りに確認することにして、まずは、ピラトゥス山を楽しみましょう。

気を取り直して、山頂駅前の広場に出ると、アルプスではお馴染みのものに出会います。アルペンホルンです。

2020082504.jpg



傍らでアルペンホルン2本の演奏が始まります。大サービスですね。

2020082505.jpg



アルプスを背景にのんびりした朴訥な響きが木霊します。ちゃんと生の音を聴くのは初めてかもしれません。

2020082506.jpg



山頂駅前の広場は山の上とは思えないような広々とした空間です。休憩用のベンチやテーブルも並んでいます。聳え立つ岩山はエーゼル峰Esel(標高:2119m)です。丸い建物はホテル ベルヴューHotel Bellevueです。

2020082507.jpg



この広場からはピラトゥス山頂に上る登山道も続いています。この登山道が続く先の峰はオーバーハウプト峰Oberhaupt(標高:2106m)です。ピラトゥス山で一番高い峰は左手の奥にあるトムリスホルン峰Tomlishorn(標高:2132m)です。

2020082508.jpg



周囲を眺めます。これは先ほど登山電車で登ってきた方向です。登山道が山の麓のほうに伸びています。遠方にはアルプスの峰々が眺められます。

2020082509.jpg



これは広場の展望台です。広場の奥にある建物はホテル ピラトゥス クルムHotel Pilatus-Kulmです。ホテルの前から続く道を進むと、トムリスホルン峰に至ります。

2020082510.jpg



展望台から再び、アルプスの峰々を眺めます。実はこの右端に見えている山はアイガーEiger(標高:3970m)、メンヒMönch(標高:4099m)、ユングフラウ(標高:4158m)の3山ですが、このときはまさか、そんなものが見えるとは思っていません。ただただ、雪を抱いた山々の美しさに魅了されています。

2020082511.jpg



アイガーの少し左のほうを眺めると、真ん中に尖った山が見えます。ヴェッターホルンWetterhorn(標高:3701m)だったようです。アイガーと並んで、グリンデルワルトGrindelwaldからすぐ近くに見える山です。ということはこのヴェッターホルンの手前がグリンデルワルトなんですね。

2020082512.jpg



広場の山頂駅の方を眺めると、岩山の峰が見えます。エーゼル峰Esel(標高:2119m)です。ピラトゥス山でトムリスホルン峰に次いで高い峰です。

2020082513.jpg



右に左に折れ曲がった階段道がエーゼル峰の山頂まで続いています。

2020082514.jpg



エーゼル峰の山頂までは10分ほどで登れるようです。ピラトゥス山の峰の一つですから、登ってみましょう。

2020082515.jpg



周りの風景を眺めながら、エーゼル峰に近づいていきます。遥か下方にはフィアヴァルトシュテッテ湖Vierwaldstättersee(ルツェルン湖)が見えています。

2020082516.jpg



ピラトゥス山の山頂の様子を地図で確認しておきましょう。

2020082517.jpg



さあ、頑張って、エーゼル峰に登りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR