FC2ブログ
 
  

パウル・クレー・センター:クレーの描いた天使の傑作《泣いている》に共感!

2019年9月13日金曜日@ルツェルン~バーゼル~ベルン/11回目

ベルンBern郊外のパウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeを訪れ、クレーの作品を鑑賞しています。制作年順にご紹介しています。バウハウス時代、デュッセルドルフ時代、そして、スイス亡命後の苦難の時期、さらにクレーの最後の3年間、1938年、1939年、1940年の作品をご紹介しているところです。なお、年号の後ろのカッコ内の数字はクレーの作品に付けられた整理番号です。

クレーの最後の1年間、1939年の作品を引き続きご紹介します。天使シリーズなどの線画が中心です。


《泣いている女性》。1939年(904)、クレー60歳頃の作品です。パブロ・ピカソが1937年に描いた《泣く女》という名作があります。奇しくもこの年、ピカソはスイス亡命中のクレーのもとを訪れて、苦境のクレーを励ましています。この作品はピカソの《泣く女》を極端に単純化したような作品です。明らかにこの作品はピカソの作品と関連がありそうです。ピカソの《泣く女》はあの傑作《ゲルニカ》中の亡き子を抱きしめて泣いている女と関連しています。クレーのこの作品を戦争の悲劇と関連付けるのは単純過ぎる発想でしょうか。

2020091701.jpg



《呪いの女性》。1939年(913)、クレー60歳頃の作品です。何とも複雑なフォルムの女性です。どこがどうなっているんだか・・・。辛うじて、画面上部にある手だけが判別できます。この複雑な形態が呪いということでしょうか。ともあれ、抽象画として見れば、なかなかの力作ですね。

2020091702.jpg



《私が持っている必要があります!》。1939年(940)、クレー60歳頃の作品です。ちょっと首を傾げて、何か考えている女性です。タイトルにある持っている必要のあるものって、何でしょう。前作の939番が《天使というよりむしろ鳥》という天使シリーズの作品なので、もしかしたら、この女性は天使志望で翼が欲しいのでしょうか。

2020091703.jpg



《最終的な失敗》。1939年(944)、クレー60歳頃の作品です。顔の表情以外は判別不可能な作品です。タイトルと照らし合わせると、顔の表情、それも目の感じにこの絵をひもとくヒントがありそうです。何か達観したような目の表情で、思いを遂げられなかった人生の終わりを予感しているようです。クレー自身の悔しさとそれを淡々と受け入れるような気持ちの整理が描かれているのでしょうか。

2020091704.jpg



《泣いている》。1939年(959)、クレー60歳頃の作品です。正真正銘の天使シリーズの登場です。ちゃんと天使の翼が描かれています。この泣いている天使は今日のsaraiの心情にあまりに寄り添ってくれる作品です。バーゼルで最愛の絵画と人生最後の対面という目的が果たせずに、悲しい思いのsaraiです。ともあれ、クレー自身は最後の創作意欲を高めて、こういう名作を晩年に量産しました。亡命先のスイスで体調もすぐれない中、生命の最後の炎を燃やした作品群の中の名作で、心に迫るものがあります。パウル・クレー・センターは1939年を中心とする優れた天使シリーズの世界最上のコレクションを誇ることで知られています。クレー好きにはたまらない魅力があります。そういうことをsaraiが言っていると、クレー好きを自任する配偶者から、あなたはいつからクレー好きになったのって、揶揄されます。だって、こういう素晴らしい作品を描いたクレーを好きにならないわけはないでしょう。

2020091705.jpg



《大きな帽子の下で》。1939年(1024)、クレー60歳頃の作品です。大きな帽子できょとんとした表情。翼は描かれていませんが、これは天使でしょう。大きな帽子の天使・・・saraiのタイトル案です。

2020091706.jpg



クレーは死の前年、1939年に創作の絶頂期を迎え、何と1年間で制作した作品数は1253点にも及びました。ここまで24点の作品をご紹介してきました。この後にクレーが描いたのは200点ほどです。そして、亡くなる1940年は400点ほど。クレーの画家人生で残りは計600点ほどです。次回はその中から数点をご紹介します。パウル・クレー・センターが所蔵する6000点にも及ぶ作品のごくごく一部を見たに過ぎませんが、十分にクレーの生涯を追えたような感じです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR