FC2ブログ
 
  

パウル・クレー・センター:クレーの最晩年の作品

2019年9月13日金曜日@ルツェルン~バーゼル~ベルン/12回目

ベルンBern郊外のパウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeを訪れ、クレーの作品を鑑賞しています。制作年順にご紹介しています。バウハウス時代、デュッセルドルフ時代、そして、スイス亡命後の苦難の時期、さらにクレーの最後の3年間、1938年、1939年、1940年の作品をご紹介しているところです。なお、年号の後ろのカッコ内の数字はクレーの作品に付けられた整理番号です。

クレーの最後の1年間、1939年~1940年の作品をご紹介します。今回でパウル・クレー・センターの作品紹介は完了します。


《悲劇的なステップ》。1939年(1156)、クレー60歳頃の作品です。女性の歩みを簡明に描いています。この歩みが何か悲劇的な一歩になるんでしょうか。この頃の作品は時代の状況とクレー自身の境遇から、ほとんどが哀しいイメージの作品になっています。

2020091801.jpg



《抜け目のない計算》。1939年(1243)、クレー60歳頃の作品です。いかにもずるそうな人物が描かれています。しかも計算高い笑みをこぼしています。

2020091802.jpg



《意気揚々》。1939年(1251)、クレー60歳頃の作品です。タイトル通り、元気溌剌な人物が描かれています。しかし、画面の右側には喪服のような黒い衣服の女性も描かれています。元気そうに振舞っているクレー自身が描かれているようですね。もはや、クレーの余命は1年もありません。

2020091803.jpg



《失敗した逆立ち》。1939年(番号なし)、クレー60歳頃の作品です。タイトルの通り、逆立ちに失敗して、複雑な姿で倒れ込んでいる姿が描かれています。翼はありませんが、天使の姿と言ってもよさそうです。

2020091804.jpg



《ピエロと獣》。1940年(160)、クレー61歳頃の作品です。ピエロと言っても、これは天使のようです。小さな獣が天使の姿に驚いて、吠えて威嚇しようとしていますが、その獣を逆に天使が威嚇しています。何ものにも負けない不屈の精神を描き出そうとしています。

2020091805.jpg



《無題》。1940年(番号なし)、クレー61歳頃の作品です。太い線で描かれた作品です。ワニのような猛獣に襲われた人物が描かれています。万事休すの態です。クレーはこの年の6月29日に苦難に満ちた人生を終えます。

2020091806.jpg



《パペット人形》。1919年~1925年、クレー40歳~46歳頃の作品です。クレーは息子のフェリックスのために1916年から1925年の間に約50体のパペット人形を作りました。現在残っているのは30体ほどです。ここでは7体のパペット人形が人形劇と題して展示されていました。
左から順に制作年と作品タイトルは以下です。
 1921年、バグダッドの床屋
 1924年、黒い精霊
 1922年、鼻輪付き手袋の悪魔
 1919年、桂冠詩人
 1921年、サルタン
 1925年、俗物小市民
 1922年、エミー・"ガルカ"・シャイヤー像

2020091807.jpg



いつもながら、素晴らしい作品群が展示されていますね。バーゼルで気落ちしたsaraiもこのクレーの作品に大いに感銘を受けました。

会場ではチャップリンの無声映画も上映されています。『黄金狂時代』(1925年)でチャップリンが靴を煮て、ナイフとフォークで食べるシーンが印象的でした。これを見たお陰でこの後の旅でそれをテーマとしたチョコレートに遭遇して、その意味を理解できることになります。

帰りにsaraiは、是非クレーのポスターを買って帰りたいと思いますが、まだまだ先の長い旅。そんなものを持って、どうやって移動するつもりなのかと配偶者にたしなめられます。で、クレーの特徴的な天使の絵ハガキを購入して、我慢。これはその1枚。忘れっぽい天使(Vergesslicher Engel)です。1939年に描かれました。

2020091808.jpg



これで満足して、パウル・クレー・センターを出ます。ルツェルンに帰りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR