FC2ブログ
 
  

ルツェルン散策:リギ山登山ならず・・・街歩き

2019年9月14日土曜日@ルツェルン

旅の11日目、ルツェルンLuzernの4日目です。

今日も朝から雲がどんよりと立ち込めています。雨にはなりそうにはありませんが、リギ山Rigiもピラトゥス山Pilatusもまったく見えません。今日はリギ山に登ってみようと思っていました。リギ山にはヨーロッパ最古と言われる登山電車が走っています。が、残念ながら曇り空。こんな日に登ってもな仕方がありませんね。ともかく、今日、1日を一緒に過ごす予定の友人のSteppkeさんと落ち合うためにルツェルン駅まで、ぶらぶら歩いて向かいます。ロイス川Reuss河畔の道では土曜市が開かれています。

2020092101.jpg



新鮮な野菜も並んでいます。

2020092102.jpg



切り花も並んでいます。

2020092103.jpg



ルツェルン駅に着き、駅地下のパン屋さんでパンを買って、朝食です。

2020092104.jpg



駅前で待ち合わせの友人、Steppkeさんと無事に合流。相談の結果、リギ山に上るのは断念。さっさと予定変更。街歩きをしましょう。代案のワーグナー博物館とローゼンガルト・コレクションを中心に軽く街歩きをすることにします。とりあえず、駅前のバスターミナルの自動販売機でバスの1日券を購入します。

2020092105.jpg



これが購入したチケット。1人8.2スイスフランです。

2020092106.jpg



まずは教会巡り。ロイス川を渡った先にある聖レオデガー・イム・ホーフ教会Hofkirche St. Leodegarに行きましょう。駅前から、フィーアヴァルトシュテッテ湖Vierwaldstättersee(ルツェルン湖Lake Lucerne)越しに教会の2本の尖塔が見えています。

2020092107.jpg



あの辺りは歩いたことがないので、バスに乗らずに歩いていきましょう。ロイス川の一番湖寄りに架かっている大きな橋、ゼーブリュッケSeebrückeを渡ります。ルツェルン・カルチャー・コングレスセンターKultur- und Kongresszentrum Luzernとフェリー乗り場が見えます。

2020092108.jpg



橋を渡り終えて、湖岸沿いの道を歩きます。目の前はフィーアヴァルトシュテッテ湖が広がります。

2020092109.jpg



道の先、まっすぐ正面に聖レオデガー・イム・ホーフ教会の2本の尖塔が見えます。

2020092110.jpg



教会の姿がどんどん大きくなってきます。真ん中には時計塔もありますね。

2020092111.jpg



ザンクト・レオデガー通りSt. Leodegarstrasseを進み、教会前の石段に着きます。石段の上に教会が聳えています。

2020092112.jpg



石段を上がると、教会前の広場です。

2020092113.jpg



教会に向かって進みます。堂々たる構えの教会の建物ですね。古い建物は1633年のイースターの火災で焼け落ちて、現在の建物は1644年までに再建されました。1633年の焼けた建物はゴシック様式でしたが、再建された現在の建物は後期ルネサンス様式です。

2020092114.jpg



これは尖塔の屋根の下の鉄細工の窓がある部分です。

2020092115.jpg



時計塔の丸天井の門の前に立ちます。

2020092116.jpg



門の上には、2つの窓の間に美しく彩色された竜を退治する大天使ミカエルの像があります。その下には、真ん中の紋章(ルツェルンと双頭の鷲)の左右に教会の守護聖人、聖レオデガーと聖マウリティウスの像が立っています。

2020092117.jpg



さあ、教会の中に入ってみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR