FC2ブログ
 
  

ルツェルン散策:フランシスコ教会

2019年9月14日土曜日@ルツェルン/3回目

予定していたリギ山Rigi登山登山は曇天のため、断念して、ルツェルンの街歩きをしています。まずは教会巡りです。
聖レオデガー・イム・ホーフ教会Hofkirche St. Leodegarの見学を終えて、元来た湖岸沿いの道をロイス川の河口に向けて、戻ります。湖岸に大きな建物があります。5つ星ホテルのホテル・シュヴァイツァーホフHotel Schweizerhof Luzernです。残念ながら、写真を撮り忘れました。このホテルはリヒャルト・ワーグナーがルツェルンLuzernのトリプシェンに定住する前に半年間滞在していたホテルです。
ロイス川の河口付近のシュヴァーネン広場Schwanenplatzの前に高級ジュエリー&腕時計の販売店『ブッフェラー』BUCHERERの大きな建物が見えます。ここにちょっと寄っていきましょう。もっともここで高級腕時計を買うのではありません。ここにロレックス製の安価なスプーンセットという面白いものがあることを、友人のSteppkeさんに教えてもらったからです。お店の中に入ると、それは高級そうな、実際、とても高価な腕時計が複数のフロアにずらりと並んでいますが、どこを探しても、安価な土産物など見当たりません。ここにはそんなものは置かなくなったのかなあ・・・。すると、配偶者だけは諦めずにお店の人にスプーンのことを尋ねます。すると、そのお店の人がフロア(多分、5階)の片隅に置いてあるスプーンセットの棚に案内してくれます。やったね! ありました。6個セットで25スイスフランです。配偶者は孫へのお土産にそれを1セット購入。すると、おまけでスプーン1個、付けてくれます。それがこれ。確かにロレックスの銘と王冠のマークが付いています。そして、ルツェルンという文字も刻印されています。このほかにジュネーヴなどの文字が刻印されたスプーンなどもあります。我が家にはおまけでもらったスプーン1個のみがあります。

2020092301.jpg



さて、高級時計店を出て、ロイス川の河畔に出ます。さっきはロイス川の一番湖寄りに架かっている大きな橋、ゼーブリュッケSeebrückeを渡りましたが、今度は有名なカペル橋Kapellbrückeを渡りましょう。
橋に上がって、川岸を見ると、こちらのほうでも土曜市をやっています。川の両側で土曜市をやっているんですね。

2020092302.jpg



カペル橋は木造で屋根がある橋です。

2020092303.jpg



天井には3角形の板に絵が描かれています。

2020092304.jpg



対岸に渡り終えて、川岸からカペル橋の姿を眺めます。

2020092305.jpg



橋を下りたところにルツェルン劇場Luzerner Theaterがあり、上演予定の演目が書かれています。多彩な演目です。

2020092306.jpg



賑やかな界隈を抜けていきます。

2020092307.jpg



そして、ロイス川の河畔のイエズス会教会Jesuitenkircheのお隣のフランシスコ教会Katholische Franziskanerkircheに向かいます。イエズス会教会は以前、訪れたので、今回はパスです。ちょっと探しましたが、すぐにフランシスコ教会が見えてきます。

2020092308.jpg



フランシスコ教会です。ただし、こちらは裏側ですね。

2020092309.jpg



入口を探して、中に入ります。すぐにパイプオルガンが目に飛び込んできます。

2020092310.jpg



天井には豊かな色彩のフレスコ画が描かれています。

2020092311.jpg



この教会の説教壇も豪華な造りです。

2020092312.jpg



内陣に向かって、綺麗な花が飾られています。

2020092313.jpg



内陣脇の祭壇も美しい大理石で作られています。

2020092314.jpg



主祭壇を覗き込みます。手前には合唱隊席があります。

2020092315.jpg



これはマリアの祭壇。聖母子像が飾られています。

2020092316.jpg



近づいてみましょう。素晴らしい祭壇です。

2020092317.jpg



いかにもバロック風の豪華な彫刻です。

2020092318.jpg



こちらの祭壇は壁と天井がスタッコ装飾でシックな感じです。

2020092319.jpg



祭壇画はやはり、聖母マリアと幼子イエスです。

2020092320.jpg



こんなモダンなものもあります。お布施(寄進)用の入れ物でしょうか。

2020092321.jpg



この教会はスイスで一番美しいゴシック教会とのことですが、内部の装飾はバロック風ですね。中をさっと見て、外に出ます。これが入口です。扉の上は美しいフレスコ画で装飾されています。

2020092322.jpg



教会の前庭も落ち着いた佇まいです。

2020092323.jpg



教会巡りはこれでお終い。前回見たイエズス会教会と合わせて、ルツェルンを代表する3つの教会を見ることができました。

次はローゼンガルト・コレクションSammlung Rosengartに行ってみましょう。ピカソとクレーの膨大なコレクションがあるそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR