FC2ブログ
 
  

ルツェルン散策:ローゼンガルト・コレクション~クレーの名作 1921年-1922年

2019年9月14日土曜日@ルツェルン/6回目

ルツェルンLuzernの街歩き中で、ローゼンガルト・コレクションSammlung Rosengartに立ち寄っています。ピカソとクレーの膨大なコレクションを楽しみました。そして、クレーの作品をピックアップして、ご紹介しているところです。ここまで、1913年から1920年までの作品を見てきました。
これから、1921年の作品から、順にsaraiが気に入った作品を見ていきます。なお、制作年の後ろの括弧の中の数字はその年の作品番号です。

《神殿》。1921年(119)、クレー42歳頃の作品です。隈取のはっきりした黒い線で神殿の輪郭を描き、水彩で明るい色彩を施しています。具象と抽象の微妙な混在で美しい画面が構成されています。この年から、クレーは1931年まで10年ほど、バウハウスで教鞭をとることになります。様々な絵画技法に挑戦して、クレー独自の世界を確立していく黄金時代に入ります。

2020092701.jpg



《彼に私への接吻をさせなさい(歌集より)》。1921年(142)、クレー42歳頃の作品です。水彩で色付けした紙の上にペンとインクで詩が書かれています。文字と色彩を融合した作品を試行しています。実験的な作品です。

2020092702.jpg



《櫛をさした魔女》。1922年(83)、クレー43歳頃の作品です。鉛筆で描かれたデッサンのような線画の作品です。晩年に花開く天使シリーズの線画を予感させます。線画で描かれた可愛い魔女は天使的でさえあります。

2020092703.jpg



《ハートのクイーン》。1922年(63)、クレー43歳頃の作品です。鉛筆と水彩で描かれた色鮮やかなトランプのカードです。クレーは完全に絵画上で遊んでいますね。くすっと笑って鑑賞するのがよいでしょう。しかし、画面を四角く区分して、彩色を施して、その上にクイーンを配置・融合させた技法は見事です。

2020092704.jpg



《火の風》。1922年(17)、クレー43歳頃の作品です。重厚な色彩の油絵作品です。画面からこちらに向けて、強い風が吹き付けてきます。画面全体を覆う赤い色調は火のイメージなんですね。平面の絵で立体的な動きを表現しようとしたのかな。赤と緑の太い矢印を配したのは、これも動きを表現する実験のひとつでしょうか。

2020092705.jpg



《バレエからエオリアン・ハープへの断片》。1922年(87)、クレー43歳頃の作品です。これも絵画のなかに動きを表現した作品です。バレエの踊り手はまるで紙っぺらのように風にそよいで何かに変容しようとしています。それが風の楽器、エオリアン・ハープのように見えます。音楽好きなら誰でも知っている、ショパンの「エチュード 変イ長調 Op.25-1」、通称、《エオリアン・ハープ》をクレーが意識しているのは間違いないでしょう。この曲の通称はショパンが付けた題名ではなく、シューマンがこの曲を評して、「まるでエオリアンハープを聞いているようだ」と言ったといわれています。ショパン⇒シューマン⇒クレーという変遷でこの作品が成り立っているのも面白いですね。もっとも、これは、音楽(ヴァイオリン)でプロ級の腕前を持っていたクレー、ピアニストだったクレーの妻から、saraiが勝手に想像しただけのことで、まったくの誤解かもしれません。でも、この絵を見ながら、ショパンの有名な《エオリアン・ハープ》を聴くのも一興でしょう。

2020092706.jpg



1922年の作品はこの美術館に多く所蔵されていて、鑑賞はまだまだ続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR