FC2ブログ
 
  

ルツェルン散策:ローゼンガルト・コレクション~クレーの名作 1924年

2019年9月14日土曜日@ルツェルン/9回目

ルツェルンLuzernの街歩き中で、ローゼンガルト・コレクションSammlung Rosengartに立ち寄っています。現在、クレーの作品をピックアップして、ご紹介しているところです。ここまで、1913年から1923年までの作品を見てきました。
これから、1924年の作品から、順にsaraiが気に入った作品を見ていきます。なお、制作年の後ろの括弧の中の数字はその年の作品番号です。

《忠実な家来たちの城》。1924年(133)、クレー45歳頃の作品です。青く塗られた画面にリズミカルな文様が描かれています。ちょっと見ると音楽の五線譜のような感じでもあります。タイトルの意味を勘案すると、幾重にも重なった城壁を無数の兵が守っているようにも見えます。絵の示す意味合いはともかくとして、文様で画面を装飾する新たな表現形式への挑戦です。

2020093001.jpg



《古い町から》。1924年(268)、クレー45歳頃の作品です。どこかの古い町の景観を鉛筆でデッサンしたものです。縦横の直線を多用して、幾何学的な模様を作り上げています。この年は画面全体を精緻に描き上げて、統一的な構成感で表現する技法を目指しているようです。

2020093002.jpg



《海のそばの断崖》。1924年(230)、クレー45歳頃の作品です。風景を極端にデフォルメして、複雑なフォルムに分解し、独特の色彩感覚で各フォルムに多様な色付けした作品です。断崖の岩の質感を見事に表現しています。クレーらしい素晴らしい作品です。この色彩のハーモニーにうっとりしてしまいます。自然をモティーフにして、画家の内面でこんなに美しい心象風景が再構成できることに感銘を覚えます。

2020093003.jpg



《カーテン》。1924年(129.C)、クレー45歳頃の作品です。極端に縦に細長い画面の作品です。幾何学的なパターンだけが描かれたシンプルな抽象画です。《忠実な家来たちの城》と同様のリズミカルな文様で画面を描き尽くすという手法に挑戦しているシリーズの一作です。

2020093004.jpg



《破壊されたエジプト》。1924年(178)、クレー45歳頃の作品です。パッと見て、連想するのは画面全体に描かれた象形文字みたいな文様です。その上でタイトルを読むと、エジプトとあります。煉瓦か、古びたパピルス紙に書かれた象形文字をイメージしているようです。クレーはこの4年後に長期に渡るエジプトへの旅を実現させています。この頃から、古い歴史を刻んだエジプトへの並々ならぬ興味や憧憬があったようです。

2020093005.jpg



《ステンドグラス風》。1924年(290)、クレー45歳頃の作品です。画面全体が真四角の点でびっしりと覆われています。その四角は様々な色で塗られています。大半は暗色ですが、ところどころに黄色などの明るい色が輝きます。とてもタイトルのステンドグラスとは程遠い雰囲気です。逆説的に描いたものなのでしょう。クレーの心の内にある暗闇はほんの少しだけ、希望の光を宿しています。

2020093006.jpg



この年はクレーの絵画への様々な模索が続きます。その模索がやがて結実する日がきますが、芸術家の苦闘の跡は作品から見てとれる通り、苦悩に満ちたものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR