fc2ブログ
 
  

いざ、ミディ運河クルーズへ

2019年9月19日木曜日@カルカソンヌ~ルルド

旅の16日目、カルカソンヌCarcassonneの城塞都市ラ・シテcitéの2日目です。昨日、この城塞都市の周囲に聳える、ヨーロッパ最大の規模を誇る3㎞に及ぶ城壁の上を半周しました。訪問の目的の半分は果たしました。今朝は、ミディ運河クルーズで残りの目的を果たすつもりです。その後、カルカソンヌを発って、聖地ルルドLourdesに向かいます。

昨夜は、激しい雨音をたてて雨が降っていました。雷光も光っていました。さて、今日はどんな天気かしらとカーテンを開けてみると、すっかり雨は上がり、まだまだ雲が広がってはいますが、だんだん晴れてきそうな感じです。予定通り、ミディ運河クルーズに行けそうです。
このホテルには朝食が付いています。いただいてきましょう。8時に朝食をお願いしてあります。ちょっと遅れていくと、既に8人の方が、1つの大きな長いテーブルを囲んで、食事の真っ最中。バルセロナからのご夫妻、韓国からのツアーご一行の6人。この中に、我々も入れていただきます。韓国の方たちは、45日間の巡礼の旅だそうです。最後はスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩くそうです。ところで、朝食の給仕をしてくれる人を見てビックリ。実は昨晩、レセプション前のロビーでしかネットがつながらないので、真夜中に二人でネットをつなぎに行ったのですが、うす暗いロビーのソファーに寝ている人がいたのです。私たちの出現に飛び起きたのが、彼だったのです。早朝勤務に備えて、泊まり込んでいたのですね。

2021012101.jpg



久しぶりに、充実した美味しい朝食をいただきました。もう既にほかの方たちは朝食を終えて、大きな朝食テーブルに残っているのはsaraiたちだけです。

2021012102.jpg



まずは昨日の逆ルートでカルカソンヌの駅前まで戻らなければいけません。荷物を片付け、ロビーで女主人の登場を待ちます。チェックインの時に、9時出発でお願いしてあります。
ロビーの豪華な本棚が開いています。隠し扉だったようです。中にはちゃんとしたベッドが見えます。どうやら、ホテルの女主人の寝室だったようです。ここで寝ていたんですね。

2021012103.jpg



ホテルの女主人の姿は見えません。待つ間に、ホテルの外に出て、ご近所をぶらり。

2021012104.jpg



と、昨日、ホテルの女主人と談笑していた女友達が、とある家に入っていきます。ここがあなたのお家なのって訊くと、お友達の家よとのこと。お友達がいっぱいなのねというと、この村には40人しか住んでいないから、みんな友達よとの返事。
ホテルの前の路地、サン・ジャン通りRue Saint-Jeanには、まったく、人気がありません。

2021012105.jpg



城壁近くに行ってみます。

2021012106.jpg



城壁も朝の静けさに包まれています。

2021012107.jpg



ホテルに戻るとちょっと遅れて、ホテルの女主人が登場。忙しそうです。ナルボンヌ門Porte Narbonnaise前のタクシー乗り場まで送ってもらった後のタクシーの手配をしてもらいます。そして、またカートに荷物を縛り付け、saraiが押さえて出発です。

2021012108.jpg



ナルボンヌ門の外のタクシー乗り場に到着。メリーゴーラウンドがありますが、もちろん、動いていません。

2021012109.jpg



周りの景色です。ちょっとした町並みの向こうには大平原が広がっています。

2021012110.jpg



メリーゴーラウンドの横には墓地があります。シテ墓地Cimetière de la Citéです。その先に城壁が見えます。

2021012111.jpg



無事にタクシーに乗り継ぎ、出発です。城壁から遠ざかっていきます。

2021012112.jpg



タクシーでカルカソンヌの駅近くのホテル前まで送ってもらいます。大きな荷物があるので、駅前のクルーズ船乗り場に直接行かずに駅近くのホテル、ホテル アストリアHôtel Astoriaに行ってもらったんです。

2021012113.jpg



そこのホテルで有料で荷物を預かってもらいます。カルカソンヌ駅にはコインロッカーがないので、ツーリストインフォメーションのHP(何と日本語表示あり)で駅近辺のホテルで荷物預かりサービスをやっているのを紹介していたのを見付けたんです。荷物を預け(2個で10ユーロ)、身軽になります。

2021012114.jpg



駅前のクルーズ船乗り場へ。今から、ミディ運河Canal du Midiめぐりをするのです。駅前を見ると、タクシーが3台も暇そうに停まっています。いるときにはいるんですね。
ミディ運河クルーズは2社が運航しており、運河を挟んだ両岸にチケット売り場があります。午前中は10時と10時半に出航するクルーズがあります。もちろん、10時からのクルーズを選びます。まずはチケットを購入します。

2021012115.jpg



これがチケット。

2021012116.jpg



さあ、ミディ運河に停泊しているクルーズ船に向かいましょう。

2021012117.jpg



これから2時間半のミディ運河クルーズを楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR