fc2ブログ
 
  

sarai版 欧州船の旅 おまとめ版

ずい分前に、ドレスデンDresdenを訪れました。2008年の5月の連休です。その際のドイツの鉄道と船の旅の動画をご紹介します。

話は少し変わりますが、その頃、録画しておいた映画《シンドラーのリスト》を配偶者と2人で見ました。3時間、一気に見ました。重い、重過ぎる映画でした。2人とも、しばらく言葉もありませんでした。いや、言葉を失いました。

これからご紹介するのは、平和で美しいエルベ川Elbeをピルニッツ宮殿Schloss Pillnitzに向かって、ひたすら、進む船からの風景です。何という違いでしょう。平和の大事さなんて、簡単に言葉で表現できるものではありませんね



ドレスデンからピルニッツ宮殿Schloss Pillnitzまでのエルベ川の船旅紹介してしますが、これはさきほどの動画からさかのぼって、ドレスデンのブリュールのテラス前のクルーズ船乗り場を出航したところです。ヨーロッパの川は堤防がなく、岸辺が緑におおわれて美しいですが、特にエルベ川の美しさは特筆できます。このあたりは世界遺産だそうです。最後のシーンはドレスデンの旧市街のあたりですが、少しボケてしまいました。悪しからず。



ドレスデンからピルニッツ宮殿Schloss Pillnitzまでの船旅は、蒸気船が就航していて名物になっています。エンジンルームは見物できるようになっていて、その動きが面白いのとピカピカに磨き上げられたメカがかっこいいので、動画で紹介します。蒸気船はもちろん、スクリューではなく、外輪で推進しています。



エルベ川Elbeの船旅の動画シリーズもこのピルニッツ宮殿Schloss Pillnitz到着でおしまい。美しいエルベ川を満喫したので、結局、ピルニッツ宮殿からの帰りも船旅になってしまいました。ただ、帰りは結果的に無賃乗船になってしまったこともあり、途中下船しましたが(笑)
エルベ川から眺めたピルニッツ宮殿をご覧ください。





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








動画のご紹介がばらばらで見にくいという指摘がありましたので、4つまとめた、おまとめ版をアップします。

関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR