fc2ブログ
 
  

サン・セバスティアン散策:ビーチに向かって

2019年9月21日土曜日@サン・セバスティアン~ボルドー

旅の18日目、美食の町、スペイン・バスク地方のサン・セバスティアンSan Sebastián(バスク語: Donostia〔ドノスティア〕)の2日目です。昨夜はバル巡りで絶品のピンチョスを堪能しました。

朝、配偶者が目覚めたとき、saraiはもちろん、まだ寝ています。八時半です。
配偶者がバルコニーに出てみると、夜に雨が降ったのか広場が濡れています。まだ、コンスティトゥシオン広場Plaza de la Constitucionはし~んとしています。夜遅くまでの喧騒が嘘のようです。

2021022801.jpg



広場は夜賑わいをみせていたテーブルもすべて片付けられて、静寂に満ちています。街中が寝静まっている感じです。

2021022802.jpg



今日が土曜日だからでしょうか。サン・セバスティアンは夜の街で、みんな朝が遅いのでしょうか。朝の早い観光客の姿もありません。空には真っ白な雲が漂っていますが、雨の心配はないようです。ありがたいことです。

saraiはだんだんと旅の疲れが溜まってきて、朝もそう早くには起きられません。でもいい加減に起きないと、今日は12時半の電車でサン・セバスティアンを発つので、サン・セバスティアンの街歩きする時間がなくなり、サン・セバスティアンはバル巡りでのピンチョスだけのイメージしか残りそうにありません。saraiは何とか9時には起き出して、10時前にはホテルをチェックアウトします。

ホテルの建物を出ると、コンスティトゥシオン広場の美しいアーチの連なりに魅了されます。

2021022803.jpg



10時になっても広場には人っ子一人いませんね。

2021022804.jpg



いや、正確には車で何かを運搬している人がいます。ようやく、1日の生活の営みが始まろうとしています。

2021022805.jpg



ブラブラと街歩きをしましょう。広場から路地、イニゴ・カレアIñigo Kaleaに入ります。

2021022806.jpg



おや、もう、ミニスーパーが店を開けていますね。

2021022807.jpg



ブレチャ広場La Brechaを抜けていきます。

2021022808.jpg



ブレバル通りBoulevardに出ます。この通りは城壁を取り壊してできた通りで、旧市街と新市街の境目になっています。

2021022809.jpg



ブレバル通りはとても広くて緑豊かな通りです。

2021022810.jpg



さて、初めての町で道に不案内なsaraiはベンチに腰掛けて、これからの戦略を練ります。

2021022811.jpg



まず、ビーチに行ってみましょう。配偶者はサン・セバスティアンが海辺の町であることを知らなかったそうです。昨夜はサン・セバスティアンの旧市街の狭いエリアのバル巡りをしていたので、海辺の町であることは想像できなかったんでしょう。ブレバル通りを西に進んでいきます。

2021022812.jpg



やがて、市庁舎Donostiako Udalaが見えてきます。スペインで最も美しい建造物の一つと言われているそうです。かってはカジノだったそうです。

2021022813.jpg



市庁舎を過ぎると、海が見えてきます。通りには何か変なオブジェが置いてありますね。

2021022814.jpg



周り込んでみると、こんなオブジェでした。何でしょうね。

2021022815.jpg



さて、海の前に出ます。コンチャ湾Bahia de La Conchaです。

2021022816.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021022817.jpg



これから、念願のサン・セバスティアンの美しいビーチを眺めてみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR