FC2ブログ
 
  

軽井沢を歩く:閑散とした商店街にびっくり

早春の軽井沢でゆっくりしようと出かけます。お昼の新幹線で軽井沢に向かいますが、車内はガラガラです。

2021040801.jpg



とりあえず、東京駅でゲットした駅弁をいただきます。宮城の海鮮尽くし、金華さば、牡蠣、金華カレイ、アナゴがたっぷりと乗って、美味。

2021040802.jpg



そうこうするうちに軽井沢駅に到着。跨線橋を歩いて、駅の表に向かいます。降り立った人の少なさに驚きます。

2021040803.jpg



途中、しなの鉄道の改札口が目に入ります。この軽井沢が始発駅の第3セクターの路線です。機会があれば、乗ってみようとちょっと偵察。

2021040804.jpg



桜まつりのポスターがあります。このあたりは桜の時期が例年は遅いようですが、今年に限っては早かったようです。それにコロナ禍でほとんどの桜まつりは中止のようです。

2021040805.jpg



壁にしなの鉄道の路線図が張り出してあります。紙に印刷というのがローカル線の情緒を感じさせます。旧信越本線の軽井沢ー篠ノ井間をJRから引き継いだ19駅の路線ですが、篠ノ井から先の長野方面のJR線にも乗り入れているようですね。

2021040806.jpg



さて、また、連絡通路に戻って、駅の表に向かいます。駅舎を抜けると、高いテラスのようなところに出ます。眺望はよいのですが、重いスーツケースを引っ張っているので、ここからどやって、下に下りるのか、不安です。

2021040807.jpg



下に下りる長い階段にはスロープもあるので、何とかスーツケースを持ち上げなくても下りられそうです。さすがに日本の設備は親切です。ヨーロッパの某国とは違います。

2021040808.jpg



何とかスーツケースを引っ張り降ろして、下に下りました。軽井沢駅を振り返ります。三角屋根の下の高いところがさきほどのテラスです。

2021040809.jpg



駅前のレンタカーを予約済です。トヨタレンタカーです。かつての愛車プリウスを予約しています(つもりでした)。受付カウンターに行って確認すると、何と用意していたのはプリウスではないとのこと。10年来、プリウス以外は運転していないので、それは困ります。じゃらんで予約したので、プリウスのクラスでの予約で車種がプリウスではなく、ここには予備のプリウスはないと断られます。明日からでもいいので、何とかならないかとひたすら、すがります。よその営業所の車もあたってもらって、調整してもらいます。その結果、何とかプリウスをにしてもらえました。1日あたり、追加の車種指定料の1100円を支払いますが、仕方がありません。5日借りるので、5000円ほどの予算超過ですが、プリウスをゲットできてほっとします。まだ、レンタル開始の時間まで1時間ほどありますが、それはサービスしてもらえました。サンキュー。
すぐに用意してもらったプリウスに乗り込みます。やはり、慣れた車は運転が楽です。カーナビに目的地の旧軽井沢を入力して、出発です。10分ほどで旧軽井沢銀座前の駐車場に滑り込みます。駐車場がガラガラなのにびっくりです。
駐車場を出ると、目の前の建物に駅舎旧軽井沢の文字があります。えっ、こんなところに鉄道が通っていたのって仰天します。実は昔、軽井沢から草津温泉まで、草軽電気鉄道という私鉄が走っていたんだそうです。1962年に廃線になったそうです。新軽井沢が始発駅ですから、ここは途中駅だったんですね。知らなかった。

2021040810.jpg



旧軽井沢で昼食の続きを食べようとお店のチェックをしながら、旧中山道にある商店街に足を踏み入れます。

2021040811.jpg



ところが以前は観光客で大変賑わっていた通りがガラガラです。コロナ禍の影響ですね。びっくりです。

2021040812.jpg



お目当てのお店も閉まっています。とりあえず、ぶらぶらしながら、お店を探しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以外は家にこもっています。大阪は感染者数が激増ですもん。いつになったら海外に出られるかな、飛び立ちたいものです。
気をつけてお過ごしくださいねー!

No title

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちらは無理のない範囲で活動しています。コロナには負けないぞ!
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR