fc2ブログ
 
  

軽井沢を歩く:ハルニレテラス~軽井沢高原教会

021年4月9日金曜日@軽井沢/2回目

軽井沢の2日目は軽井沢野鳥の森での野鳥の森の観察ツアー(ネイチャーウォッチング)に参加することにしました。
ピッキオセンターで午後1時半からの観察ツアーを予約した後、星野エリアを散策します。まずはグルメなどの店舗が集まるハルニレテラスに向かっているところです。せせらぎ沿いの気持ちのよい散策で、自然の美しさを満喫しています。星野エリアを地図で確認しておきましょう。

2021041501.jpg



やがて、ハルニレテラスが目の前に現れます。

2021041502.jpg



100本以上のハルニレの木々が立ち並ぶ中、ウッドデッキが敷き詰められ、レストランやカフェ、雑貨の店舗が配置されています。それなりに賑わっています。閑散としていた旧軽井沢の比ではありません。軽井沢でもより新しい施設に人気が集まっているようです。かつての高級別荘地のイメージは塗り替わるのでしょうか。時代ですね。

2021041503.jpg



もっとも、saraiのような世代には、こういうハルニレテラスにはさほどの魅力を感じるものではありません。気持ちのよいエリアではありますけどね。一通り、歩き回った後、早々に退出します。ハルニレテラスの向かいの丘の上にある軽井沢高原教会に向かいます。バス道路の先にはハルニレの木々が立ち並ぶ丘が続いています。

2021041504.jpg



道沿いに変なものがあります。小さな三角屋根の小屋から馬が顔を出しています。えっ、こんなところに馬がいるのって、配偶者と驚きます。が、なんだか様子が変です。まったく馬が動きません。まさか、人形なの? じっと見つめると、どうやら作り物のようです。それにしても何故、こんなものがあるんでしょう。

2021041505.jpg



その答えは馬小屋の先にあるステーキハウス、THE COWBOY HOUSEのようです。このステーキハウスの宣伝用なのではないかと推察されます。車で走っていても目立ちますからね。

さて、そのステーキハウスの先に丘に上る道があります。ここから丘の上に上っていきましょう。

2021041506.jpg



樹木に挟まれた舗装道路が緩やかに丘の上に上っていきます。さほど苦しい思いもせずに上っていけます。時折、道路を車が上っていきます。

2021041507.jpg



ハルニレらしき木々が高原の雰囲気を醸し出します。まあ、そこに続く道が舗装道路という点が欠点ではありますけどね。空はまばゆいばかりの春の光に満ちています。

2021041508.jpg



しばらく上っていくと、道の右側に黄色の三角屋根の山小屋風の可愛い建物があります。何だろうと思うと中軽井沢配水池となっています。ふーん、軽井沢ではこんなものまでお洒落になってしまうんですね。

2021041509.jpg



左手には綺麗な公園が広がっています。東屋風の建物に人が集まっています。何でしょうね。

2021041510.jpg



正装で着飾った男女がいます。これは結婚式のようです。軽井沢高原教会の結婚式を園内の屋根だけの東屋で催しているようです。

2021041511.jpg



結婚式のために、軽井沢高原教会の前の公園敷地内には入れません。遠目に結婚式の様子を眺めるだけです。

2021041512.jpg



もう一つの教会、石の教会の方に周ってみましょう。駐車場の中を歩いていくと、その先に石の教会があるようです。
石の教会、内村鑑三記念堂の前に到着。明治・大正期のキリスト教指導者・内村鑑三の顕彰を目的として建てられた教会だそうです。

2021041513.jpg



ところがこの教会でも挙式中で建物の中には入れません。今、軽井沢での結婚式がブームなのでしょうか。昔は旧軽井沢の礼拝堂での結婚式が定番だったような気がしますが、今は星野リゾートに人気が集まっているのかな。外側から石の教会を眺めます。

2021041514.jpg



2つの結婚式に阻まれて、ちょっと凹みますが、もう少し、このあたりをブラブラしましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR