fc2ブログ
 
  

軽井沢を歩く:野鳥の森の観察ツアー(ネイチャーウォッチング)

2021年4月9日金曜日@軽井沢/6回目

軽井沢の2日目は軽井沢野鳥の森での野鳥の森の観察ツアー(ネイチャーウォッチング)に参加します。ピッキオセンターで午後1時半からの観察ツアーを予約した後、星野エリアを散策し、時間になり、また、ピッキオセンターに戻ってきました。ピッキオセンターの建物の前に広がるケラ池を巡っているところです。ケラ池の端からピッキオセンターの建物を眺めています。早春の柔らかな日差しが池の水面に降り注いでいます。

2021042001.jpg



ケラ池の横には野鳥の森が広がっています。浅間の鳥獣保護区の案内板が立っています。様々な動物や鳥が生息しているんですね。日本カモシカもいるようですが、そう簡単には見られるわけないですね。

2021042002.jpg



おっ、先ほど村民食堂で食べた山菜てんぷらにはいっていたフキノトウが自生していますね。

2021042003.jpg



さて、時間になったので、ピッキオセンターに入って、野鳥の森の観察ツアーの手続きをします。一人2500円の料金はちと高いですが、滅多にできない体験なので、いいでしょう。ピッキオセンターの窓からはケラ池が眺められます。

2021042004.jpg



折角ですから、双眼鏡もレンタルします。

2021042005.jpg



saraiは気持ちのよい屋外で出発まで待機します。なんと爽やかな早春の午後でしょう。

2021042006.jpg



ケラ池とその周りの葉を落とした木々は美しい風景を作っています。

2021042007.jpg



春の陽光できらめく池の水面はとても綺麗です。緑色の池の水も透き通っています。

2021042008.jpg



さて、ガイドの若い女性が声をかけてくれて、観察ツアーの出発です。参加者は、我々夫婦の他には、幼稚園の子とパパの二人組のみ。ママはお仕事、パパは在宅勤務、来週から幼稚園が始まるということで、今日のお出かけになったそうです。今どきですね。配偶者はその幼児のお相手で大変・・・隊長出発です!了解でちゅ!のノリでずっと通します。もちろん、その子は配偶者にすっかり、なついています。

2021042009.jpg



野鳥を見ることができるかなと思っていると、まず、ガイドの女性がリュックから取り出したのはシジュウカラのぬいぐるみ。ピッキオセンターのスタッフが作成したもので、実物大で重さもほぼ同じだそうです。体長15センチ、体重15グラム。とっても軽くてきゃしゃです。この軽さだから、小鳥は空を自由に飛べるのね。

2021042010.jpg



耳をすますと鳥の鳴き声が聞こえてきます。いちいち、その鳥の名前を教えてくれます。訊けば、この森の鳥はすべて鳴き声で何の鳥か、分かるのだそうです。凄いね。しかし、鳴き声は聞こえど、その姿は見えません。ゆっくりと野鳥の森の散策路を進みます。やがて、せせらぎの向こう側にある木をガイドの女性が指さして、あの穴は何でしょうとクイズを出します。

2021042011.jpg



答えはキツツキの開けた穴です。結構小さな穴ですが、あの穴の中にキツツキは入り込むそうです。巣を作って、穴の中で卵を産んで、ヒナを育てるそうです。ヒナが育った後の穴はほかの鳥が再利用するそうで、キツツキがいる森は鳥が育つ、よい環境になるそうです。ピッキオセンターのスタッフの方たちもキツツキの環境を守る活動に力を入れているそうです。ちなみにピッキオというのは、キツツキのイタリア語名なんだそうです。また、ピッキオセンターは星野リゾートグループの中の鳥の研究部門なんだそうです。星野グループも手広い活動をしていますね。

野鳥の森の観察ツアーはまだまだ続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR