fc2ブログ
 
  

軽井沢を歩く:軽井沢タリアセンを起点に南軽井沢散策に出発

2021年4月10日土曜日@軽井沢/1回目

軽井沢の3日目です。
今日も、よく晴れています。
でも、今日はゆっくり休みます。saraiは10時半に起床。朝食は、サラダ付きで浅野屋のパンとコーヒー。お昼過ぎにようやく出発です。今日は、南軽井沢を歩きます。
すっかり慣れたレンタカーのプリウスを走らせて、南軽井沢に向かいます。やがて、塩沢湖が見えてくると、軽井沢タリアセンがあります。その横に駐車場があり、ここに車を置きます。駐車料は、今日は無料の張り紙があります。ヤッタネ。タリアセン自体には既に2回ほど入ったことがあるので、今日はここはパスします。駐車場だけの利用でゴメンナサイ。
駐車場を出ると、目の前にバス停があります。バス停、塩沢湖です。実はこのバス停がずっと後で問題になるのですが、それはそのときに書きましょう。

2021042601.jpg



駐車場の入り口横には、《バス停横の小さな雑貨小屋》TOMOGARAがありますね。最近できたもののようです。

2021042602.jpg



さあ、歩きましょう。発地市庭(ほっちいちば)を目指して歩き始めます。やがて、カフェ、一房の葡萄が見えてきます。残念ながら、閉まっていますね。

2021042603.jpg



カフェの手前に案内の看板が立っています。このカフェの建物は浄月庵という、有島武郎の軽井沢の別荘をここに移設したものだそうです。かつては旧軽井沢の三笠にあったそうで、そこで有島武郎は婦人公論の記者の波多野秋子と情死を遂げたそうです。ちなみに当時、45歳の有島武郎は妻を病気でなくし、29歳の美人記者、波多野秋子は人妻だったそうです。当時の新聞では大騒ぎだったようです。と言っても、大正12年(1923年)のことです。この年は関東大震災が起こった年です。情死事件後、3か月で大震災ですから、この情死事件どころではなかったでしょう。

2021042604.jpg



これがそのカフェ、一房の葡萄です。かつて有島武郎の別荘だった浄月庵(大正時代の建物)の1階にあります。何となく、興味が湧きますね。有島武郎の本は読んだこと、あったかな。ちなみに《一房の葡萄》は有島武郎が書いた美しい童話です。

2021042605.jpg



その先には、軽井沢塩沢湖、野村別荘地の入り口があります。居住者以外は立ち入り禁止の別荘地です。ふーん。

2021042606.jpg



次は、エルツおもちゃ博物館、軽井沢絵本の森美術館が見えてきます。

2021042607.jpg



道路の向かい側には、ムーゼの森が見えています。この森の中に軽井沢絵本の森美術館(正確には、エルツおもちゃ博物館も含む)があるようです。ここには300年に及ぶ欧米絵本の原画や資料が収蔵されているそうです。ちなみにムーゼとは、イタリア語のLe Museのことで、英語ではミューズ、すなわち、芸術と美の女神のことをさすようです。

2021042608.jpg



エルツおもちゃ博物館の前を通り過ぎます。ここにはドイツのエルツ地方で作られた木工おもちゃが展示されているそうです。

2021042609.jpg



このあたりは上り坂ですが、まだ、歩き始めたばかりで、快調に歩いていきます。

2021042610.jpg



絵本の森美術館では、鏡の国のアリスをテーマとした展覧会をやっているようです。

2021042611.jpg



道路の向かいにある絵本の森美術館の前を通過します。

2021042612.jpg



また、野村別荘地の案内板があります。ここまでが広大な野村別荘地なのね。道路の右側に入った森の中、一帯が別荘地になっているのでしょう。

2021042613.jpg



やがて、道路の向かい側の奥の方に大きな建物が見えてきます。大規模なスポーツ施設のある風越公園のようです。

2021042614.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021042615.jpg



今日の散策はまだ、始まったばかりです。まだ、午後1時をちょっと過ぎたところ。夕方いっぱい、歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR