FC2ブログ
 
  

ボルドーのワイナリーツアー:マルゴー村のシャトーの醸造過程を見学し、いよいよ試飲

2019年9月22日日曜日@ボルドー~パリ/16回目

ボルドーBordeaux市内から1日ワイナリーツアーに出発しました。最初のワイナリーの訪問の後、サンテミリオン村Saint Emilionで2時間の散策とランチを楽しみ、現在、メドック地区MédocのマルゴーMargaux村のシャトー、シャトー・プリューレ・リシーヌChâteau Prieuré Lichineを訪問しているところです。
シャトーのガイドの案内で醸造所の中に入りました。最新式の醸造用タンクが並んでいます。

2021061901.jpg



収穫された葡萄は破砕が行われた後に、この醸造用タンクに入れられ、低温マセレーション(12~13度)を1週間ほど行われます。その後でアルコール発酵(29~30度)を行った後に、果皮浸漬を行います。

2021061902.jpg



樽詰めされたワインが膨大に並んでいます。

2021061903.jpg



樽熟成は約18か月間におよびます。澱引きをせずに熟成をさせる「シュール・リー」、樽底に溜まった澱を混ぜ合わせる「パトナージュ」、そしてその手法を活かすため定期的に樽内に酸素を供給する「マイクロビュラージュ」が採用されています。それにしても、一体、どれほどの樽があるのか分からないほどです。

2021061904.jpg



saraiは熱心にガイドの説明を聞きます。ワイナリーツアーの女性が通訳してくれるのので、説明がよく分かります。

2021061905.jpg



樽には管理用のメモが無造作に書かれていますね。

2021061906.jpg



ここにはボトルを寝かせた貯蔵庫もあり、年代で整理されて棚に積まれています。ヴィンテージボトルもあるようです。

2021061907.jpg



宝物の山ですね。

2021061908.jpg



古いものは1966年ものがあります。これは売り物ではなく、保存用のヴィンテージだそうです。富の蓄積ですね。

2021061909.jpg



上の棚に積まれたボトルはうっすらと埃か黴をまとっています。地震が来たら危ないと思いますが、ここボルドーではその心配はないのでしょう。

2021061910.jpg



さて、醸造過程の見学が終わり、元の建物に戻って、いよいよ、ワインの試飲です。
まずはセカンドラベルの赤ワインの試飲です。

2021061911.jpg



次はいよいよ、このシャトーを代表するファーストラベルの赤ワイン。うーん、なんだか美味しいような気がします。まあ、1万円以上もするボトルですからね。

2021061912.jpg



試飲したファーストのボトルです。2014年のボトルです。

2021061913.jpg



ボトルの正面に回してもらって、パチリ。

2021061914.jpg



セカンドとファーストの赤ワインを試飲しましたが、ワインの試飲はまだ、終わりません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR