fc2ブログ
 
  

ボルドーの旧市街散策:ブルス広場の巨大な水鏡

2019年9月22日日曜日@ボルドー~パリ/23回目

ボルドーBordeaux市内からの1日ワイナリーツアーの終了後、パリへ向かうまで2時間ほどの時間、ボルドーの旧市街の軽い散策を楽しんでいます。

カンコンス広場Place des Quinconcesの巨大なジロンド派記念碑Monument aux Girondinsから出発し、ボルドー国立歌劇場・大劇場Opéra National de Bordeaux - Grand-Théâtreの威容を目の当たりにして、その大劇場の横を抜けて、ガロンヌ川Garonneの川岸に向かいます。
ガロンヌ河畔に出ます。現在、運行休止中のトラムC線の線路があります。河畔には18世紀の歴史的建造物が建ち並んでいます。

2021070101.jpg



河畔に面しているブルス広場Place de la Bourseが目の前に広がっています。この広場はボルドーがワインの生産と貿易で栄えた港町であることから、ガロンヌ川からやって来る人々を迎え入れる広場として作られました。広場を囲むように左右対称の美しいブルス宮殿が立ち、広場の中央にはヴィスコンティ設計の三美神の噴水があります。

2021070102.jpg



この広場から、河畔の道路を渡って、ガロンヌ川の方に向かいます。

2021070103.jpg



ガロンヌ川の川岸に行くと、2006年にできたスケールの大きな水鏡Le miroir d'eauがあります。今や、ボルドーの一番の名物と言っても過言ではありません。saraiはこの水鏡をこの目で見ることを楽しみにしていました。

2021070104.jpg



この水鏡の先にはガロンヌ川が流れています。大西洋が近く、このガロンヌ川を通じて、ボルドーは良港になり、生産した最高品質のワインの貿易港として、栄えました。

2021070105.jpg



さて、川岸に立って、水鏡を見ていると、少しずつ、水がしみ出してきます。この水鏡はフランス人の景観デザイナー、ミッシェル・コラジュ(Michel Corajoud)が設計した水盤です。この水盤は、3,450㎡と世界最大の面積を誇っています。水が出るのは、朝の10時から夜の10時までの12時間です。一連のアトラクションは、水の充填(3分間)、鏡効果のある水盤の出現(15分間)、排水(5分間)、霧噴射(3分間)というサイクルです。このサイクルが30分ごとに繰り返されます。昼と夜とでは、まったく見られる景色が違い、さらに晴れている日と曇りや雨の日でも景色が違うそうです。
今はまさに水が充填されているときです。さざ波が陽光を浴びて、キラキラと輝いています。

2021070106.jpg



花崗岩の巨大なスラブが敷き詰められた水鏡の上には、約2㎝の水が張られます。見物人はその水鏡の周りを取り囲むように立っています。心得の悪い人や子供がその水鏡の中に入っていますが、これは景観を悪くするので止めて欲しいですね。

2021070107.jpg



そろそろ、水の充填が完了しそうです。

2021070108.jpg



やがて、空の雲が水鏡に映り込み始めます。

2021070109.jpg



向こうに立つ塔や周りの人の姿がはっきりと水鏡に映り込み始めます。

2021070110.jpg



空の雲や周りの建物がはっきりと映り込みます。巨大な水鏡の完成です。

2021070111.jpg



薄く水を張って、広場全体が巨大な鏡のようになります。ウユニ塩湖みたいですね。風が強いので、波が立って、しばらくは鏡面効果が現れませんでしたが、しばらくして、水が引き、極めて薄い水量になると、鏡面が出現するんです。見事なものです。18世紀の宮殿と空の雲を映し出しています。

2021070112.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021070113.jpg



saraiはこの水鏡の風景を飽きることなく眺め続けています。この後、30分に1回出る霧も美しく、見ものです。読者の皆さんもしばらく、お付き合いくださいね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR