fc2ブログ
 
  

ボルドーの名物はカヌレ・・・お店のカラーが赤い有名店カヌレ・バイヤルドラン

2019年9月22日日曜日@ボルドー~パリ/25回目

ボルドーBordeaux市内からの1日ワイナリーツアーの終了後、パリへ向かうまで2時間ほどの時間、ボルドーの旧市街の軽い散策を楽しみました。

ガロンヌ河畔の巨大な水鏡Le miroir d'eauの幻想的な美しさに魅了された後、カンコンス広場Place des Quinconcesに戻ったところです。
街歩きの最後に、疲れたのでお茶がしたいとsaraiが提案し、カフェを探すことにします。できれば、美味しいケーキでもいただきたいところです。カフェやブラッスリーはありますがウィーンのようなお菓子屋さんのカフェはなかなか見つかりません。今日は日曜日ということもあり、いわゆるケーキ屋さんはお休みのようです。このあたりでカフェ探しを打ち切りというところでカフェを見つけます。それも何と、ボルドー名物のカヌレCANELÉの名店カヌレ・バイヤルドランCANELÉ BAILLARDRANを発見。お店のカラーが赤いので、すごく目立っています。saraiがワイナリーツアーの車の中でガイドさんから聞き出したカヌレの有名なお店です。お店はカンコンス広場のすぐ近くでした。地図で確認しておきましょう。

2021070301.jpg



カヌレは、どうやら、このボルドー発祥のお菓子らしいです。ワインを作るときに、澱を除去するのに卵白を使うらしいのですが、残った卵黄の使い道として考えられたもので、卵黄と砂糖とラム酒で作るものだそうです。早速、入店します。カヌレだけでなく、ケーキもありますね。

2021070302.jpg



カヌレと紅茶をいただきます。うーん、横浜のカヌレと変わらないような気もしますが、カヌレはボルドーが本場。これがオリジナルの味なんでしょう。結構なお値段にもびっくり。最後に面白いものにぶつかり、ボルドー最後の時間を優雅に過ごします。

2021070303.jpg



これでボルドーを十分に満喫しました。ホテルに預けていた荷物を引き取って、運休中のトラムの代行バスでボルドー・サンジャン駅Gare de Bordeaux St Jeanに行きます。立派な待合室に入ります。

2021070304.jpg



フランスの駅は警備が厳重です。特にパリやボルドーのような大都会はテロに備えているのでしょう。まあ、我々、旅行客も安心ですね。

2021070305.jpg



さて、パリのモンパルナスMontparnasse行きのTGVに乗ります。本来は明日はモン・サン=ミシェルMont Saint-Michelに行くので、ここから直接行きたいところですが、ローカル線の乗り継ぎで時間がかかり過ぎます。で、いったん、パリまでTGVで行き、パリからまたTGVでレンヌRennes経由でモン・サン=ミシェルに行くことにしました。今日はまず、パリまで行って、そこで1泊し、明朝のTGVでレンヌに向かいます。
去年まではTGVでボルドーからパリまで3時間半もかかっていたそうですが、今やパリのモンパルナス駅までノンストップで2時間ほどです。日曜の夜8時発のTGVはちょうどいい時間らしく、満員です。我々の席のすぐ近くに大きな犬を連れたご夫妻が乗ってきます。写真を撮ってよいかと訊くと、どうぞと言ってわざわざどいてくれます。大人しいよく訓練された犬です。こちらでは愛犬は旅のお供ですね。

2021070306.jpg



このずっと後で、TGVを降りるときにこの犬にバイバイというと、飼い主のご夫人が撫でてよいよというので頭をなでなでしました。本当に良い子です。

出発したTGVはすぐに川を渡ります。ガロンヌ川Garonneですね。

2021070307.jpg



ガロンヌ川の空は夕焼けに染まっています。水鏡のあたりもきっと美しいでしょうね。

2021070308.jpg



車窓は、すぐに暗くなり何にも見えなくなります。

2021070309.jpg



TGVはひたすら、パリのモンパルナス駅に向かって走ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR