fc2ブログ
 
  

秋の京都を尋ね、源氏物語をテーマとする旅を開始

2021年10月5日火曜日@京都

結婚記念日のランチに先立って、その前日、定例の主催イベントを終え、夕方の4時頃、急いで準備をして、自宅を出ます。新幹線の新横浜駅に向かいます。電車は、かなり混んでいます。まだ4時だから、通勤ラッシュというわけではないと思いますが、緊急事態宣言が解除され、人出が増えたということかな。
新横浜駅に到着。ここは、そんなに混んでいるという感じではありません。新幹線ホームで夕食用のお弁当を買います。レジのお姉さんと雑談をしていると「車内でアルコールは販売してないけど、アルコールを飲んでもいいのよ」と・・・。saraiはそうか!とアルコールの棚に向かいますが、さすがに思い留まります。コロナ感染の最大限の予防はしないとね。
新幹線の車内は、空いています。ひかりのせいかも。のぞみはそれなりに混んでいるようん気がします。のぞみに乗らなかったのは、大人の休日倶楽部の割引でチケットを買ったので、ひかりにしか乗れないからです。
ひかりに乗り込んで、早速お弁当を食べます。

2021100701.jpg



美味しいです。見事に完食します。途中、見事な夕焼けと富士山。急いで写真を撮ります。富士山が見えると何かお得感を感じます。

2021100702.jpg



ゆっくり、お弁当を食べ終え、配偶者はマスクをしてなかったことに気づきます。慌ててマスクをし、見渡すと、皆さんしっかりマスクをしてます。saraiはとっくにマスクをしてました。
お弁当を食べ終え、ちょっとするとsaraiはぐっすりお休み。気が付くとあっという間に京都駅に到着。
もう真っ暗だし、お宿のチェックインは9時までなので、タクシーで行くことにします。運転手にお宿の場所を説明しようとすると、お宿の名前だけで場所は分かっているようで、さっと走り出します。
京都の街は暗いね・・・と話していると、運転手さんによると、コロナ以前からこんなもんだよとのこと。タクシーもようやく予約が入りだしたけど、外国人観光客はまだだからねとのこと。
お宿に到着。ちょっと贅沢したけど、やはりタクシーはラクチン。年寄りの夜道は足元が危ないから、タクシーにしてよかったかな。
荷物を部屋に置いて、すぐに、飲み物の確保に買い物へ出かけます。すぐ近くにセブンイレブンがあります。今日はゆっくりして、明日に備えましょう。明日は記念のランチですからね。

緊急事態宣言が解除後に早速の旅ですが、実は9月の始めにも北海道の知床に出かける予定で航空券、ホテル、レンタカーなどの予約をしていました。あまりのコロナ蔓延のために直前にすべてキャンセルしました。今回もどうなるかなと思っていましたが、急激な感染者の減少という不思議な現象で旅に出かけることができました。
今回の京都の旅のメインテーマは源氏物語です。参考文献は《源氏物語を歩く》(楽学ブックス:JTBパブリッシング刊)。源氏物語は平安時代に書かれたフィクションなので、そのモデルとなった場所の特定は難しいようです。しかし、華麗な王朝の時代に思いを馳せて、そのゆかりの場所を尋ねることはたとえ、想像上のものだとしても楽しいだろうと思います。美男の光源氏と彼を取り巻く女性たち、藤壺更衣、紫の上、夕顔、さらには原作者の紫式部の跡を辿る散策を明日から始めましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR