fc2ブログ
 
  

秋の京都:鴨川でお茶を

2021年10月6日水曜日@京都/12回目

記念のランチを三条木屋町にある割烹料理のお店、なか川でいただいた後、今回の旅のテーマである源氏物語の町歩きをしました。今日の予定は終わり、買い物をしながら、ホテルに戻るところです。新京極を歩いて、三条に向かっています。新京極の通りが折れ曲がっているポイントに誓願寺があります。平安時代から清少納言、和泉式部、豊臣秀吉の側室・松の丸殿ほか女性の信仰を集め、女性に人気のお寺です。

2021102801.jpg



やがて、三条通りにぶつかり、新京極を離れます。三条通りを鴨川のほうに向かいます。食品スーパーの「明治屋ストア」を目指します。
MEIDI-YA STORE 京都三條ストアー(明治屋ストア)は地図では、裏通りかと思っていましたが、しっかり表通りの三条通りにあります。目的は、南禅寺などの有名豆腐料理店に卸している豆腐屋の豆腐が買えるとの情報を見つけたので、そのお豆腐を買って、ホテル(リゾートマンション)で湯豆腐をする予定です。明治屋ストアはそれほど広いお店ではありませんが、2階もあります。2階では、アルコールや乾物類が置いてあるようです。早速、お豆腐を探します。売り場が狭いので、品物の量は少ないですね。が、こだわりの商品選びをしているみたいです。狙いの服部の豆腐は売り切れです。服部の豆腐の陳列面積から見て、ほんのわずかしか入荷しないようです。で、やはり有名店のとようけ屋山本の豆腐があったので、それを購入。他には、京野菜やおばんざいなどを購入しました。

明治屋ストアを出ると、お隣は尊皇攘夷派浪士たちが新選組に襲撃された池田屋事件(池田屋騒動)の跡地です。今は旅籠茶屋 池田屋 はなの舞として、営業しています。新選組メニューなどがあり、人気だそうです。

2021102802.jpg



疲れたので、見晴らしの良い喫茶店を探しますがありませんね。三条大橋の袂までやってきました。高札場の看板があります。高札場というのは、江戸幕府が決めたご法度や掟書きを書いた木札を掲げる場所のことです。でも、三条河原というと、先ほど訪れた瑞泉寺の陰惨なイメージが頭をよぎります。このあたりで豊臣秀次一族の処刑が行われたと思うとぞっとします。

2021102803.jpg



三条大橋です。

2021102804.jpg



この鴨川の袂にはスターバックスコーヒーがあります。鴨川の眺めもよさそうなので、京都に来てまでスターバックスコーヒーかとも思いますが、入店することにします。しかし、店内はいっぱいで座る椅子はありません。では、テイクアウトして鴨川の河畔で頂きましょう。saraiはスターバックスカードを常用するほどのスターバックスフリークです。いつものようにコーヒーをゲット。カップを持って、鴨川の河畔に下りていきます。すっかり、三条河原の悪いイメージは忘れているから現金なものです。三条大橋の下に出ます。間近に鴨川の流れが見えます。

2021102805.jpg



鴨川の河畔から見上げると、スターバックスコーヒーの建物が見えます。窓際の席からは鴨川の眺めが最高でしょうね。

2021102806.jpg



鴨川沿いには川床が並んでいます。お店の入口は木屋町からというのは今日、学んだことです。

2021102807.jpg



鴨川の河畔は相変わらず、等間隔に間を開けて、カップルが座っています。50年も昔から変わらぬ風景です。我々も昔を思い出して、座ります。
おっ、アオサギが飛んでいきますね。まさか、さっき、高瀬川で見たアオサギじゃありませんよね。

2021102808.jpg



スターバックスコーヒーで鴨川と我々の若き日に乾杯! 今日は何と言っても、saraiと配偶者の記念の日です。

2021102809.jpg



しばし、ゆったりした時間を持ちます。鴨川の流れも緩やかです。いっぱい歩いた疲れも癒されていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 寺社巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR