FC2ブログ
 
  

フルシャ+東京都響 plays ドヴォルザーク/スターバト・マーテル@サントリーホール 2011.12.7

今日は都響のスペシャルコンサートで1年ぶりにフルシャの指揮でチェコ音楽を聴きます。
前回のヤナーチェクのグラゴル・ミサの素晴らしい演奏が思い出されます。そのときの記事はここです。
今回も4人のソロ歌手はチェコおよびスロヴァキアからフルシャが選りすぐったメンバーで大いに期待できます。
今日の演奏者とプログラムは以下です。

 指揮:ヤクブ・フルシャ
 ソプラノ:シモナ・シャトゥロヴァー
 メゾソプラノ:ヤナ・ヴァリンゲロヴァー
 テノール:トマシュ・ユハース
 バス:ペテル・ミクラーシュ
 合唱:晋友会合唱団
 管弦楽:東京都交響楽団
 
 ドヴォルザーク:スターバト・マーテル Op.58

演奏はオーケストラの前奏で始まりますが、意外に重々しい感じです。もっと清々しい響きを想像していました。もっとも聴いている席の関係かもしれません。今日は最前列の中央に陣取りました。
合唱はまず男声合唱からはいってきますが、女声合唱がまことに美しい響きで続きます。合唱がとても素晴らしいです。
次にソロ歌手が歌い始めますが、それぞれ素晴らしい声でとても聴きごたえがあります。よく、ここまでのメンバーを揃えたという感じです。テノールはとても張りのある声で声量も豊かですが、あまりにオペラ的な歌い方なのが少し残念ですが、それを言ったら贅沢かも知れません。ソプラノの美しい声の響きはパーフェクト。メゾソプラノは少し声量がありませんが最前列では気になりません。歌には関係ありませんが彼女はとても美人。オペラでは見栄えがするでしょうね。バスは少し年齢を重ねたかたですが老練な歌い振りです。

第1曲は「スターバト・マーテル・ドロローサ・・・」の歌詞で始まる長大な曲ですが、ソロ歌手の歌声に聞き惚れているうちにあっという間に終わってしまった感じです。それにしてもドヴォルザークのメロディーの美しいこと、うっとりです。

第2曲もソロ歌手の4重唱に聴き惚れました。

第3曲はよく合唱団で歌われる曲だそうですが、まったくもって合唱の素晴しいこと、圧倒的です。

以降、美しい合唱曲やソロが続き、いよいよフィナーレに近づきます。

第10曲は終曲です。4重唱で始まり、合唱も加わり、アーメンの歌詞で頂点に達します。素晴しい高揚感です。いったん、オーケストラだけの演奏になり、ペースダウンして、再び、最後の頂点に・・・そして、静かに終わります。実に美しい曲です。

予習したCDはクーベリック盤(バイエルン放送交響楽団)、サヴァリッシュ盤(チェコ・フィル)でしたが、あまり、ドヴォルザークらしい民俗的なメロディーは感じられませんでしたが、今日のフルシャの描いたスターバト・マーテルは実にチェコの響きに満ちていました。特にソロ歌手達がラテン語の歌詞ながら、スラヴの雰囲気を感じさせる歌唱をしたのは、まさにわざわざ本場からフルシャが歌手達を連れてきた甲斐があったわけですね。またしてもフルシャはチェコ音楽の真髄を聴かせてくれました。来年の3月はフルシャが音楽監督をしているプラハ・フィルと来日して、ドヴォルザークの交響曲を聴かせてくれます。楽しみに待ちましょう。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR