fc2ブログ
 
  

モーツァルト青春のシンフォニーと天国的なグラスハープの世界:モーツァルト・マチネ 第48回@ミューザ川崎シンフォニーホール 2022.3.6

まず、映画の《アマデウス》でもお馴染みの交響曲第25番と第29番。東響の少人数に絞り込まれた弦楽アンサンブルの素晴らしい響きがホールにこだまします。第25番はシュトルム・ウント・ドランクの影響を受けている作品と解説されていますが、なんのなんの、とりわけ、第1楽章はヴィヴァルディを思わせるイタリアの澄み切った音楽そのものではないですか。イタリアに旅したモーツァルトが体得したイタリアの響きを自分の音楽として展開したものです。指揮の井上道義は独自の解釈で素晴らしい音楽を聴かせてくれます。速いテンポで引き締まった音楽を一糸乱れぬアンサンブルで演奏していきます。時折、荒木奏美のオーボエ独奏がのどかで哀愁のある響きを聴かせてくれます。17歳のモーツァルトの青春の光り輝く天才ぶりを存分に味わわせてくれました。第2楽章は一転して、天国的な音楽にうっとりします。ここでも弦楽のアンサンブルが美しい響きを聴かせてくれます。第3楽章と第4楽章はまた速いテンポで心地よい音楽が歌い上げられます。
第29番も同様に弦楽の素晴らしい響きで美しい音楽が奏でられます。第25番以上に素晴らしい演奏に心躍ります。井上道義の指揮がぴたっとはまった感じです。期待以上の素晴らしいモーツァルトの音楽に大満足でした。

2つの交響曲にはさまれて、珍しい室内楽、《グラスハーモニカのためのアダージョとロンド》が演奏されました。グラスハープ、フルート、オーボエ、ヴィオラ、チェロの構成の五重奏曲です。原曲はグラスハーモニカですが、今日はグラスハープで演奏されます。saraiにはほとんど、その響きの違いが分かりません。発音原理は同じなので極めて似た響きです。この曲は初めて聴きますが、晩年のモーツァルトとは思えないような透明感に満ちた美しい作品です。グラスハープの奏でる音楽はおぼろげな響きが魅惑的で幻想的に感じます。一方、フルートとオーボエの明快な音楽は天国的にも思える響きで魅了されます。若い頃のモーツァルトの響きを感じさせます。相澤政宏のフルートと荒木奏美のオーボエの美しい響きが見事です。音楽は終始、グラスハープとフルート、オーボエが協奏的に響き合い、ヴィオラとチェロが通奏低音的に支えるという構図で進行します。なんとも美しい音楽にうっとりするのいです。

モーツァルト・マチネならではの選曲のコンサートにこれ以上ない満足感を味わいました。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:井上道義
  グラスハープ:大橋エリ
  フルート:相澤政宏(東京交響楽団首席フルート奏者)
  オーボエ:荒木奏美(東京交響楽団首席オーボエ奏者)
  ヴィオラ:西村眞紀(東京交響楽団首席ヴィオラ奏者)
  チェロ:伊藤文嗣(東京交響楽団首席チェロ奏者)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:廣岡克隆

  <オール・モーツァルト・プログラム>

  交響曲 第25番 ト短調 K.183(173dB)

  グラスハーモニカのためのアダージョとロンド ハ短調 K.617
  (グラスハープ:大橋エリ、フルート:相澤政宏、オーボエ:荒木奏美、ヴィオラ:西村眞紀、チェロ:伊藤文嗣)

  交響曲 第29番 イ長調 K.201(186a)

   休憩なし


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目、3曲目のモーツァルトの交響曲 第25番、第29番を予習したCDは以下です。

 ジェイムズ・レヴァイン指揮ウィーン・フィル 1985年6月 ウィーン セッション録音

第34番以前のモーツァルトの交響曲を聴くのは、このジェイムズ・レヴァインとウィーン・フィルのコンビの演奏が最高です。若きレヴァイン、と言ってももう42歳でしたが、彼の明るい感性と名門ウィーン・フィルの実力がマッチして、勢いにあふれた演奏が繰り広げられます。レヴァインは昨年の3月9日に亡くなりました。3日後が最初の命日です。


2曲目のグラスハーモニカのためのアダージョとロンドを予習したCDは以下です。

 ブルーノ・ホフマン(glass harp), オーレル・ニコレ(fl), ハインツ・ホリガー(ob), カール・ショウテン(va), ジャン・デクロース(vc) 1977年1月、アムステルダム セッション録音

名人たちの饗宴です。実に見事な演奏に聴き惚れます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR