FC2ブログ
 
  

5分の2の《ドン・カルロ》:MET@NHKホール 2011.6.15

ヴェルディの歌劇《ドン・カルロ》は彼の最高傑作ともいっていいくらい素晴らしいオペラです。友情、悲恋、満たされぬ愛、人生の黄昏の苦悩、宗教の権威と国権、民衆の嘆きと怒りなどの様々な要素がヴェルディの筆で丹念に描き込まれ、美しくもドラマチックなオペラに昇華しています。

このオペラをメトロポリタンオペラの総力で5人のスーパースターを並べ、まさに現在最高のキャストでのプラチナオペラが実現する筈でした。
が、結局、歌手のキャンセルが相次ぎ、当初発表されたメンバー5人のうち、残ったのは2人だけ。あとは代役。5分の2のオペラになってしまいました。まあ、そう書くと代役の方に失礼にあたりますね。代役の方もよく歌いました。予想以上と言ってもいいでしょう。
当初の主な配役は以下。

 エリザベッタ:バルバラ・フリットリ
 ドン・カルロ:ヨナス・カウフマン
 フィリッポ2世:ルネ・パーペ
 ロドリーゴ:ディミトリ・ホロストフスキー
 エボリ公女:オルガ・ボロディナ

このうち、最終的に歌ったのはルネ・パーペとディミトリ・ホロストフスキーの2人です。
結論から言えば、2人残っても、このオペラは感動できたでしょう。その2人はバルバラ・フリットリとルネ・パーペの2人です。他は泣く泣く代役でも我慢できたと思います。特にバルバラ・フリットリのエリザベッタは世界中探しても誰も代わりは務まらないでしょう。それくらい、彼女のはまり役です。1昨年のミラノ・スカラ座の来日公演での最終幕での愛の2重唱はフリットリの天上の歌声、聖なる歌声に胸が打ち震えました。

今回の代役3人の顔ぶれは以下です。

 エリザベッタ:マリーナ・ポプラフスカヤ
 ドン・カルロ:ヨンフン・リー
 エボリ公女:エカテリーナ・グバノヴァ

まずはエリザベッタを歌ったポプラフスカヤに触れないわけにはいきません。この交代が一番の問題だったわけです。ところが彼女は予想以上の出来。まったく及第点の歌唱。特に中音域の透き通った響きは絶賛できます。ただ、高音域の歌声が詰まり気味でソプラノとしてはかなり辛いところです。もっとも高音域の響きが綺麗だったとしても、イタリア最高のディーヴァであるフリットリのレベルとは格段の違いがあります。それは人の心をうち震わせるカリスマ的な力としか表現できません。フリットリだって、何を歌っても素晴らしいわけではありません。昨年、ミュンヘンで聴いたフィガロの伯爵夫人はヴィブラートのかかり過ぎの歌声でもう一つ本領を発揮できていませんでした。しかし、こと、エリザベッタに関しては、無垢な聖女としての役柄に合わせた天使のような歌声は彼女だけのもの。で、最終幕はその歌唱で盛り上がって、感動のうちに幕というのが期待したシナリオです。
今日のオペラはこれがすべて。最終幕はみんなよく歌いましたが、それだけのこと。感動はありませんでした。

フィリッポ2世を歌ったルネ・パーペはさすがによかったです。ただ、これも比べると1昨年のスカラ座のほうが少しよかったですね。でも、満足の歌唱でした。人生の黄昏の悲哀は胸にくるものがありました。

ロドリーゴを歌ったディミトリ・ホロストフスキーは期待したほどではなく、決して絶好調というわけではなかったみたいです。それでも、さすがに大物歌手です。ロドリーゴが死ぬ場面の歌唱は力も抜けて、とても素晴らしいものでした。歌唱に波があったのが残念でした。

代役で一番よかったのはドン・カルロを歌ったヨンフン・リーです。これは及第点。高音も伸び、性格表現もよく、何の不満なし。

もう一人の代役、エボリ公女を歌ったエカテリーナ・グバノヴァはまあ及第点の歌唱でしょう。エボリ公女としては十分でしょう。もっとも本来歌う筈だったボロディナにはそれ以上を期待していましたが・・・

指揮のファビオ・ルイージには何の不満もありません。見事な指揮でした。

愚痴のオンパレードで申し訳けありませんが、いいこともありました。それは今回の公演の公式プログラムが無料で配布されたことです。通常、2000円はしますよね。もっとも、内容はキャストが交代前のものでとても売り物にならなかったんでしょうが、それでもラッキー。明日以降ももらえそうです。同じものを3冊もいりませんけどね。欲しいかたはご連絡いただければ2冊までは進呈しますよ。

そうそう、嬉しいことがもうひとつ。ひとつ前の座席にsaraiもファンの一人であるピアニストのI.N.さんがいらっしゃったことです。娘さんとお二人でいらっしゃってました。思わず、休憩時間に声をおかけしてしまいました。いつもどおりのお洒落で美しいかたでした。今年のサントリーホールでのリサイタルは素晴らしかったですねと言うと、来年3月もやるので是非いらしてくださいということでした。ふらふらっと行ってしまいそう。もっとも来年の3月あたりはウィーンでいいオペラをやってそうなので、どうなるか、???です。

ということで今日は不在のフリットリの偉大さをあらためて感じることになりましたが、こうなると是非ともそれを挽回するミミをフリットリが歌ってくれることを願うのみです。明日はダムラウのルチアです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, ハルくんさん 2011/06/17 22:16
saraiさん、こんばんは。

ドン・カルロは素晴らしいオペラですよね。
今回はパスでしたが、一昨年のミラノスカラ座の感動が思い出されます。あの時のフリットリは凄かったです。今回は配役変更で残念でしたね。

それにしてもI・Nさんとお話されたとは羨ましい!
僕も美人演奏家には滅法弱いのですが、生I・Nさんを見たことはありません。いやー、ぜひ一度拝んでみたいものです。

2, saraiさん 2011/06/18 00:23
ハルくんさん、こんばんは。
今、最後のラ・ボエームから帰ってきたところです。
内容は・・・今から記事を書くので、そちらをご覧いただきますが、フリットリは最高のディーヴァだとだけ、言わせていただきます。

ドン・カルロは歴史に残る名演になる筈だったので、正直、今でも悔しいです。単なるよい公演に留まってしまいました。

しかし、天は我を見放さず、I.N.さんとの思わぬ出会いを演出してくれました。ステージ通りのとても綺麗なかたでした。この後、一気にテンションがあがり、ドン・カルロもそっちのけだったかも・・・・
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR