fc2ブログ
 
  

カウンターテノール、ローレンス・ザッゾの素晴らしいオルフェオと鈴木優人の見事な指揮 《オルフェオとエウリディーチェ》@新国立劇場 2022.5.21

15日連続コンサートの2日目はダブルヘッダー。まずはオペラ。新国立劇場初のバロックオペラ、《オルフェオとエウリディーチェ》を見ます。

グルックの改革オペラと言われ、過剰な装飾を排した音楽になっています。全編、歌手は3人だけで、とりわけ、オルフェオが歌いっぱなしです。今回はカウンターテノールのローレンス・ザッゾが素晴らしい歌唱を聴かせてくれました。終始、安定した美声を聴かせてくれましたが、とりわけ、第3幕、再度死んでしまったエウリディーチェに対して、悲嘆にくれながら歌う「エウリディーチェなしにどうすればいいのか?」のアリアはしみじみとした絶唱で、涙を誘います。このまま、悲しみのうちに終われば、このオペラももっと評価が上がるでしょうが、その後、エウリディーチェが再度生き返り、ハッピーエンド。誰しも鼻白みますね。しかし、【エウリディーチェ】役のヴァルダ・ウィルソンは舞台映えのする容姿と美しい声のソプラノなので、甘々のハッピーエンドも許しましょう。3人目の歌手は【アモーレ】役の三宅理恵。彼女の美しい声を期待しましたが、今日は不発に終わりました。これだけが残念です。いつもは綺麗な声で好きな歌手なのですが・・・。
鈴木優人指揮の東フィルはまるでバロックアンサンブルのような感じの好演。期待以上の演奏でした。今後のバロック公演、期待できそうです。次のバロックオペラは《ジュリオ・チェーザレ》ですね。
新国立劇場合唱団の合唱は今日も見事でした。欲を言えば、バロックにしては歌い過ぎの感もありましたが、それほど美しい合唱だったということです。【合唱指揮】は冨平恭平でしたが、実はこの日、次のコンサートの東響定期公演の東響コーラスの【合唱指揮】も彼でした。結局、彼もsaraiと一緒にサントリーホールに移動したんですね。

公演全体の印象は舞台がとても美しかったことです。シンプルな構成の舞台ですが、映像も多用して、色彩美にもあふれた空間になっていました。ダンスシーンもほどほどの踊りで音楽にマッチしていました。音楽最優先の演出は好感が持てました。総合的に静謐な雰囲気のオペラに仕上がっており、非常に楽しめました。

そうそう、今回の公演はウィーン版でイタリア語上演でしたが、しっかり、パリ版も組み込んでいて、ちゃんと精霊の踊りも入っていました。押さえるべきところはちゃんと押さえた公演で大満足です。


今日のキャストは以下です。

  クリストフ・ヴィリバルト・グルック オルフェオとエウリディーチェ

【指 揮】鈴木優人
  【演出・振付・美術・衣裳・照明】勅使川原三郎
  【アーティスティックコラボレーター】佐東利穂子
  【舞台監督】髙橋尚史
  【合唱指揮】冨平恭平
  【合 唱】新国立劇場合唱団
  【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【エウリディーチェ】ヴァルダ・ウィルソン
  【オルフェオ】ローレンス・ザッゾ
  【アモーレ】三宅理恵
  【ダンス】佐東利穂子、アレクサンドル・リアブコ、高橋慈生、佐藤静佳

最後に予習について、まとめておきます。

以下のヴィデオを見ました。

 1762年ウィーン版全曲(映画版)
  オルフェオ:ベジュン・メータ(カウンターテノール)
  エウリディーチェ:エヴァ・リーバウ(ソプラノ)
  愛の神:レグラ・ミューレマン(ソプラノ)
  コレギウム・ヴォカーレ1704
  コレギウム1704
  ヴァーツラフ・ルクス(指揮)

  演出:オンドレイ・ハヴェルカ
  装置:ズデニェク・フレミング
  収録場所:チェスキー・クルムロフ城、バロック劇場

チェスキー・クルムロフ城、バロック劇場で収録された素晴らしい雰囲気の映像です。オルフェオ役のCTのベジュン・メータ、いいですね。エウリディーチェ役のエヴァ・リーバウも清楚でいいです。完全なウィーン版なので、パリ版で追加された精霊の踊りがないのがちょっと残念です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR