fc2ブログ
 
  

バッハの不滅のフーガ、アンジェラ・ヒューイット、感動の永遠の静寂 The Bach Odyssey 12@紀尾井ホール 2022.5.25

15日連続コンサートの6日目です。

5年前に始まった全12回の大企画、アンジェラ・ヒューイットが世界の大都市でバッハのすべての鍵盤音楽(オルガンを除く)を演奏するプロジェクトも東京では遂に今日で完結しました。
やはり、最後はバッハが晩年にかけて、フーガを集大成した大曲、フーガの技法でしめくくります。フリードリッヒ大王から与えられた主題をもとにフーガを極めた名曲、『音楽の捧げもの』では、フーガの展開がまだ、不十分として、自らのフーガの基本主題とした最後の大作、フーガの技法をバッハは作曲します。しかし、最後の第18曲は未完のまま残されました。本来ならば、4重フーガとなる筈が3重フーガに発展した時点で終わっています。何故、未完に終わったのかはバッハの音楽の最大の謎です。

アンジェラ・ヒューイットは休憩なしにこの大曲をほぼ1時間半で真摯に演奏しました。楽譜に忠実に実に明晰な表現の演奏が繰り広げられました。途中、水を飲みながらの力演です。この演奏を一言で表現すると、バッハの音楽に奉仕した演奏と言えます。遊びは一切なく、不要な即興演奏的な要素もなく、楽譜に書かれた音楽を美しく表現することだけが脳裏にあるような演奏です。終曲の3つの主題による4声のフーガ(コントラプンクトゥス XIV)はその前の5度の転回対位法による12度のカノンから、ほぼ、間を置かずに演奏されます。基本主題を連想させるような最初の主題が実にゆったりと演奏されます。まるでもう急ぐ必要はなく、むしろ、終わることへの哀惜の気持ちがあるかのごとくです。美しいフーガが演奏されて、次いで第2の主題が不意に現れます。この主題のフーガも丁寧に展開され、3つ目の主題はバッハの名前をもとにした音形 (B-A-C-H)です。この主題によるフーガが展開されて、さらにそれまでの主題と組み合わせて3重フーガになったところで突然の終わり。フーガはここで永遠の終焉を迎え、ただ、静寂のみが漂います。少しして、コラール前奏曲『われ汝の御座の前に進み出て (Vor deinen Thron tret Ich hiermit)』 が粛々と奏されます。これはフーガの技法の初版譜に未完で終わったフーガを補うような意味で併録されたものです。バッハはこの作品を死の床で口述筆記させたと言われており、まるでアンコールのような意味合いの曲になっています。コラール前奏曲が終わったところでホールは完全な静寂に包まれます。The Bach Odysseyとして、バッハを回想する旅を続けてきたアンジェラ・ヒューイット、そして、その偉業を聴いてきた聴衆が感動を共有する長い沈黙でした。

これまでのバッハを巡る旅の軌跡を振り返ると、

奇跡のような名演だったフランス組曲、
涙なしに聴けない魂の演奏、パルティータ、なかでも第6番は卓越した精神性の音楽、
圧巻のロ短調フーガ:平均律クラヴィーア曲集第1巻、
人生で一度きりのコンサートなら、迷うことなく、これを選ぶ究極のゴルトベルク変奏曲、
そして、たった1回聴き洩らしたコンサートは平均律クラヴィーア曲集第2巻(マーラー:交響曲第9番・・・ラトル&ロンドン交響楽団に浮気しました)

やはり、白眉はゴルトベルク変奏曲でした。ですが、鍵盤音楽の全曲演奏The Bach Odysseyを通して、バッハの素晴らしさを味わわせてくれたアンジェラ・ヒューイットに最後に感謝しましょう。saraiの音楽人生でも稀有の体験でした。


今日のプログラムは以下です。

ピアノ:アンジェラ・ヒューイット
 
J.S.バッハ・プログラム Odyssey 12

 フーガの技法 BWV1080
 コラール前奏曲『われ汝の御座の前に進み出て (Vor deinen Thron tret Ich hiermit)』BWV 668a

《アンコール》なし


最後に予習したCDですが、もちろん、アンジェラ・ヒューイットのCDです。

  アンジェラ・ヒューイット 2013年8月7-9日 ベルリン、イエス・キリスト教会 ピアノ:ファツィオーリ セッション録音
   (コラール『われ汝の御座の前に進みいで』 BWV.668a含む)

見事な演奏です。何も言葉はありません。アンジェラ・ヒューイットのバッハの到達点を示す1枚。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       アンジェラ・ヒューイット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR