fc2ブログ
 
  

ハイドンの最高傑作《天地創造》、完璧とも思える演奏に深く感動! バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2022.7.16

今日は2つの素晴らしいコンサートを聴きました。まず、このバッハ・コレギウム・ジャパン(以下、BCJ)のハイドンの最高傑作、オラトリオ《天地創造》です。その次に聴いたジョナサン・ノット指揮東京交響楽団のベルクとマーラーは別稿でアップします。

このハイドンのオラトリオ《天地創造》は最近はオリジナル楽器による演奏が多くなってきましたが、その中でこのBCJの演奏は最も期待できるものです。今日も粒よりのメンバーがBCJとしては大編成で演奏します。そして、何と言っても、BCJの合唱の素晴らしいこと! ハイドンがその人生の終わりに書いた素晴らしいフーガを圧倒的な迫力で歌い上げます。
3人の独唱者も見事な歌唱を聴かせてくれました。とりわけ、ソプラノのジョアン・ラン。彼女はいつもは若干、表現過多の場合もありますが、この作品の場合はそれがいいほうに作用して、実に祝典的な雰囲気を醸し出します。第3部のイヴ役での天国的とも思える歌唱の見事さには、ただただ魅了されるのみでした。バスのクリスティアン・イムラーも安定した歌唱を美声で聴かせてくれました。これまた、第3部のアダム役の歌唱は素晴らしいものでした。テノールの櫻田 亮はいつもの美しい声を聴かせてくれて、しっかりと声楽アンサンブルの基盤を支えていました。
そして、何と言っても、鈴木優人の指揮の素晴らしかったこと。バッハの指揮のとき以上の見事さです。ハイドンの何たるかを理解し尽くした素晴らしい音楽作りで、ステージを支配していました。

演奏も以上のように素晴らしかったのですが、やはり、ハイドンのこの作品の素晴らしさに触れておいたほうがいいでしょう。天地創造という素晴らしい事象をハイドンらしい明るく明快な音楽で描き尽くしています。そして、彼の書いたフーガの見事さは筆舌に尽くし難いものです。晩年に至って、その瑞々しい感性の作品を生み出したのはハイドンが天才以外の何ものでもなかったことを証明するものです。モーツァルト、ベートーヴェンはハイドンなくして、あの高みに達することはなかったと実感しました。今日の演奏でも感じましたが、第2部の最終コーラス、ハレルヤから、第3部のアダムとイヴの誕生と最終コーラス、アーメンの素晴らしさはただただ、感動するのみです。最後に、アーメン、アーメンと合唱が締め括ると、深い感動を覚えました。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:鈴木優人
  ソプラノ:ジョアン・ラン
  テノール:櫻田 亮
  バス:クリスティアン・イムラー
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


  ハイドン:オラトリオ《天地創造》Hob.XXI-2

  《休憩》 2部と3部の間


最後に予習について、まとめておきます。

以下のCDを聴きました。

 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ 1995年2月、ロンドン セッション録音
  シルヴィア・マクネアー(ソプラノ、ガブリエル)、ドナ・ブラウン(ソプラノ、エヴァ)、ミヒャエル・シャーデ(テノール、ウリエル)
  ジェラルド・フィンレイ(バス、ラファエル)、ロドニー・ジルフリー(バス、アダム)、モンテヴェルディ合唱団

素晴らしい演奏です。特にソプラノの二人、シルヴィア・マクネアーとドナ・ブラウンが傑出した出来です。録音も美しいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR