FC2ブログ
 
  

レジス・パスキエ・ヴァイオリン・リサイタル@上大岡ひまわりの郷 2011.12.4

今日はいつもの上大岡ひまわりの郷コンサートシリーズです。定期会員みたいなっています。いつもかぶりつきの席で室内楽・ピアノを楽しんでいます。
今日の演奏とプログラムは以下です。

 ヴァイオリン:レジス・パスキエ
 ピアノ:金子陽子

 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第40番変ロ長調 K.454(当初発表のK.302から当日変更)
 シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調 Op.121

  《休憩》

 バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第1番 Sz.75
 ラヴェル:ツィガーヌ

  《アンコール》
   ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタから第2楽章(ブルース)

前半の演奏については語ることがありません。ただ、シューマンのソナタの第3楽章はとてもsaraiが好きなのですが、とても美しい演奏でした。前半が終わったところでこのまま終わったら、ブログに何も書けないと不満をぶつぶつと配偶者に語りかけていました。

後半のバルトーク。saraiのとても好きな曲です。弦楽四重奏曲同様、ベートーヴェン以降の西洋音楽史でバルトークの作品は20世紀の大きな頂きをなしていると考えています。
このソナタをまことに見事に演奏。ヴァイオリンがよく響き、バルトークの先鋭な曲想が熱く表現されます。なにより、演奏者の気迫がひしひしと伝わってくる素晴しい演奏です。saraiも思わず、体に力がはいってしまいます。
第1楽章は無調っぽい曲想が緊張感高く展開されます。ヴァイオリンの音色も美しく、それ故に無調性がさらに強調されます。間にはいるピアノの激しいパッセージも煽り立てるかのごとくで熱い音楽になります。
第2楽章は長いヴァイオリンのソロが続き、スローテンポながら、緊張感は持続します。
第3楽章はバルトークらしい民俗的なメロディーで親しみやすく感じます。この楽章は無調性よりもリズムの激しさで緊張感が高められます。
久しぶりに生でバルトークのソナタを聴きましたが、期待以上の驚くべきレベルの演奏で感動しました。ずい分前に諏訪内晶子の見事なバルトークを聴いて以来です。この素晴しいソナタはもっともっとリサイタルで取り上げてほしいものです。

ラヴェルのツィガーヌはパスキエのお得意の曲らしく、この曲だけは暗譜で演奏。バルトークの延長戦上に感じる見事な演奏でした。プログラム的にはアンコール的な意味合いの構成ですね。ですから、アンコールなしでも、もう十分に後半の2曲で満足でした。
それにこんな演奏の後にふにゃふにゃしたアンコール曲を弾かれると興ざめだと思っていたら、さすがにパスキエは理性的な音楽家でした。
ラヴェルのソナタを弾いてくれました。これもなかなかの演奏。ほとんど暗譜での演奏でした。あまり馴染みはない曲ですが、苦手なラヴェルも気持ちよく聴けました。パスキエはやはりフランスものはお得意のようです。
弾く曲によって、こんなに演奏家への感じ方が変わってしまうのも珍しい経験です。

最終的には、後半のプログラムだけで大満足のリサイタルでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR