fc2ブログ
 
  

知床の旅:知床五湖巡り完了。最後に高架木道からの美しい眺め。

2022年7月7日(木)@知床/6回目

知床、2日目です。この旅のメインイベント、知床五湖巡りを終えようとしているところです。手つかずの自然の中、知床五湖の内、五湖、四湖、三湖、二湖、一湖と巡ってきました。
ツアーの解散ポイントは高架木道の出入口の展望台です。出入口のロックを抜けて、展望台へ登ります。

2022080701.jpg



展望台でツアーの解散式です。ガイドさん、ご案内ありがとうございました!
ここで記念写真を撮ってもらいます。一湖の先に知床連山の羅臼岳がすっくと立っています。

2022080702.jpg



ツアー解散後もしばらく、この展望台での景色を楽しみます。ともかく、ここは開けた場所なので、360度、素晴らしい風景が広がっています。とりわけ、知床連山が丸見え状態です。こんなに知床連山が望める場所はありません。

2022080703.jpg



この湖畔展望台からは知床五湖フィールドハウスまで、誰でも無料で自由に通行できる高架木道が800m続いています。高架木道は電気柵で守られているので、ヒグマに襲われるリスクもありません。

2022080704.jpg



一湖の反対側にはオホーツク海が眺められます。知床五湖はこんなに海沿いにあったんですね。

2022080705.jpg



展望台の真下に高架木道と地上歩道の出入口があります。地上歩道はヒグマと遭遇する危険があるので、ガイドさんが案内するツアーでないと、歩けません。まるで人間世界と自然界の境目みたいですね。

2022080706.jpg



ここからの知床連山の景色を存分に楽しみます。というか、saraiはここまで歩いて来て、相当にへたっているんです。

2022080707.jpg



まあ、そうも言ってられないので、フィールドハウスに向かって出発しましょう。高架木道を歩き始めます。

2022080708.jpg



高架木道の周りには美しい草原が広がっています。もっともこれは開拓で森が切り拓けられた傷跡のようなものではあります。

2022080709.jpg



草原の上を高架木道が延々と続きます。フィールドハウスまで結構歩くことになりそうです。

2022080710.jpg



一湖のほうを振り返ります。先ほどの湖畔展望台は見えますが、一湖はほとんど見えません。向こうには知床連山の硫黄山が見えています。

2022080711.jpg



高架木道の右手にはオホーツク海がよく見えます。しかし、雲一つない晴天で北海道とは思えないくらい暑い! 特に高架木道の上は陰ひとつありません。森の中を歩いていると木々の陰もあって、それなりに涼しかったことが思い出されます。

2022080712.jpg



高架木道の途中には展望台があります。これはオコツク展望台。配偶者に呆れられながらも展望台に寄り道するsaraiです。もう2度と来る機会はありませんからね。

2022080713.jpg



高架木道の先に遠く最初の湖畔展望台が見え、左手にはオホーツク海。人工的な景色ですが、これはこれで綺麗です。

2022080714.jpg



知床連山の山の名前を紹介する案内板もあります。

2022080715.jpg



しばらく歩くと次の展望台。連山展望台です。名前の通り、知床連山がよく見えます。

2022080716.jpg



ここから森の中に建物の屋根が見えています。あれが出発地点のフィールドハウスでしょう。もう少しで知床五湖を一周できそうです。

2022080717.jpg



もう一度、知床連山を眺めましょう。右端が羅臼岳。左端の硫黄山は一枚の写真には収まりません。

2022080718.jpg



これが硫黄山。

2022080719.jpg



硫黄山のずっと向こうには知床岬がある筈です。残念ながら陸路では行けません。観光船に乗れば行けますが・・・。

2022080720.jpg



最後の頑張りでフィールドハウスに辿り着きます。
文句は言えませんが、北海道とは思えない暑さで、いっぱい歩いて、saraiはもうぐったりです。それでも、足がそれほど痛くならず、歩き通せたのはよかったです。3時間のウォーキングツアーは、なかなかハードです。フィールドハウスの隣のレストハウスで、ソフトクリームで疲れを癒します。まだ、お昼の2時半ですが、今日の知床観光はお終いにしましょう。無理はいけません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR