fc2ブログ
 
  

高い水準のバロック・オペラを堪能 《ジュリオ・チェーザレ》@新国立劇場 2022.10.8

新国オペラ、今シーズンの開幕公演です。新国オペラを年間通して聴くのも2シーズン目に入ります。いきなり、バロック・オペラとは嬉しいですね。ともかく、国内でバロック・オペラはなかなか聴けないですからね。それも本格的なプロダクションですから素晴らしいことです。この《ジュリオ・チェーザレ》を実演で聴くのは初めてです。ヘンデルのオペラ自体、これまで実演で聴いたのは、歌劇「リナルド」、歌劇「アリオダンテ」、歌劇「セルセ」の3つだけ。いずれも海外か、海外のオペラハウスの引っ越し公演でした。

今日の《ジュリオ・チェーザレ》ですが、演出も凝ったものだったし、演奏も美しいものでした。国内でこれだけ高水準のものが聴けたのは望外の幸せ。それにしても、ダ・カーポ・アリアの連続で公演時間は休憩も入れると4時間半の長大なもの。ワグナーに匹敵しますね。歌手の歌唱もとてもピュアーな美しさでした。これでもっとアジリタが凄かったら言うことありません。歌手はみな平均的に高いレベルで、特別、抜きんでた印象の歌手はいませんが、クレオパトラを歌った森谷真理は本来、バロック向きではないと思いますが、持ち前の高音域の強力な声で熱演でした。

今回の演出は現代の博物館のバックヤードで物語が展開するという奇抜なものでした。現代の博物館のスタッフも登場しますが、彼らにはカエサルとクレオパトラがエジプトで起こす一大スペクタクルはまったく感知されないという設定で、現代と過去が交錯しても問題なく、舞台は進行します。
この公演で一番印象に残ったのは、第2幕冒頭で女性奏者たちのバンタ(9名)が舞台に上がり、みな、お姫様ドレスに身を包み、彼女たちの見た目の絢爛豪華さでの伴奏で、クレオパトラ役の森谷真理が彼女自身も美しいドレスを身にまとい、チェーザレ(カエサル)に愛の歌のアリアを歌うシーンの天国的な美しさです。これを見て、聴いただけでも、今日のオペラは聴いた甲斐がありました。
第1幕の最後に、【コルネーリア】役の加納悦子と【セスト】役の金子美香が美しい2重唱を聴かせてくれたのは、音楽的に最高でした。

リナルド・アレッサンドリーニ指揮の東フィルは慣れないバロック・オペラをなかなかの好演でまとめていました。まあ、欲を言えば、ピットにBCJのオーケストラが入れば、もっと凄い演奏になったのにとは思いましたが、色々な関係で難しいのでしょうね。チューリッヒ歌劇場などでは、バロック・オペラのときは特別にバロックオーケストラが入ることを考えれば、新国オペラのゆくゆくの課題ではあるでしょう。

ともかく、これで新国オペラもバロック・オペラがスタートしたわけですから、是非、年間に1回はバロック・オペラを聴かせてほしいと願っています。


今日のキャストは以下です。

  ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
   ジュリオ・チェーザレ<新制作>

【指 揮】リナルド・アレッサンドリーニ
  【演出・衣裳】ロラン・ペリー
  【美 術】シャンタル・トマ
  【照 明】ジョエル・アダム
  【ドラマトゥルク】アガテ・メリナン
  【演出補】ローリー・フェルドマン
  【舞台監督】髙橋尚史
  【合唱指揮】冨平恭平
  【合 唱】新国立劇場合唱団
  【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【ジュリオ・チェーザレ】マリアンネ・ベアーテ・キーランド
  【クーリオ】駒田敏章
  【コルネーリア】加納悦子
  【セスト】金子美香
  【クレオパトラ】森谷真理
  【トロメーオ】藤木大地
  【アキッラ】ヴィタリ・ユシュマノフ
  【ニレーノ】村松稔之

最後に予習について、まとめておきます。

以下のヴィデオを見ました。

 グラインドボーン歌劇場 2005
  ジュリオ・チェーザレ:サラ・コノリー
  セスト:アンゲリカ・キルヒシュラーガー
  クレオパトラ:ダニエル・ドゥ・ニース
  コルネーリア:パトリシア・バードン
  アキッラ:クリストファー・モルトマン
  トロメーオ:クリストフ・デュモー
  ニレーノ:ラシッド・ベン・アブデスラム
  クーリオ:アレクサンダー・アシュワース

  演出:デイヴィッド・マクヴィカー
  指揮:ウィリアム・クリスティ
  エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団 グラインドボーン合唱団

  収録:2005年8月14、17日 グラインドボーン歌劇場(グラインドボーン音楽祭、イギリス)

サラ・コノリーのジュリオ・チェーザレ、ダニエル・ドゥ・ニースのクレオパトラがかなり話題にのぼった公演です。指揮はバロック界で最高のウィリアム・クリスティ。素晴らしいプロダクションです。ドゥ・ニースのクレオパトラがとてもキュートです。デイヴィッド・マクヴィカーの演出も素晴らしく、隙のないオペラ公演になりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR