fc2ブログ
 
  

尾瀬散策:山ノ鼻から鳩待峠に向かって出発

2022年8月25日(木)@尾瀬/18回目

尾瀬、2日目です。
尾瀬ヶ原の美しい自然を楽しんだ後、ほどほどのところで引き返します。牛首分岐まであと10分くらいのところでした。
帰り道は順調に山ノ鼻まで戻ってきました。結局、尾瀬ヶ原は2時間ほどの散策になりました。

ここでしばしの休息をとります。みなさんも寛いでいます。いいですね、尾瀬の休日!

2022101401.jpg



木道の下からは、キンミズヒキが顔を覗かせていますね。

2022101402.jpg



さあ、十分に休息したので、山ノ鼻を後にして出発します。ビジターセンターの前を通り過ぎます。

2022101403.jpg



鳩待峠に向かって、歩き始めます。まずはダケカンバの林を抜けていきます。

2022101404.jpg



川上川の橋が見えてきます。

2022101405.jpg



(山の)川上川橋です。さきほど、尾瀬ヶ原で(原の)川上川橋を渡ったばかりですが、再び、川上川を渡ります。

2022101406.jpg



橋の上から、清流の流れを眺めます。

2022101407.jpg



これは反対側の流れです。

2022101408.jpg



橋を渡り終えて、木道を進むと、お馴染みの紫色のソバナと黄色いマルバダケブキが迎えてくれます。

2022101409.jpg



これはソバナに似ていますが、ツリガネニンジンですね。

2022101410.jpg



このあたりはマルバダケブキの群落です。

2022101411.jpg



まだ、このあたりの川上川沿いの木道は勾配も緩やかで、花を愛でながら、余裕で歩けます。鳩待峠まではまだ、3kmほどあります。1時間半以上はかかるでしょう。無理をせずに歩いていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR