fc2ブログ
 
  

珍しいブルックナーの交響曲第2番が聴けた!それも極め付きの美しい演奏 ノット&東京交響楽団@ミューザ川崎シンフォニーホール 2022.10.22

今日も明日もジョナサン・ノットと東響の素晴らしいコンビの演奏を聴きます。会場は別ですが、同じプログラムです。滅多に聴けないブルックナーの交響曲第2番ですから、聴き逃がせませんね。ブルックナーは交響曲第3番以降は実演で聴いていますが、第2番以前は第0番を1回聴いただけで、今日の第2番は初めて、実演で聴きます。楽しみです。

今日のブルックナーの交響曲 第2番は事前の発表では何も記載がなかったので、当然、第2稿での演奏と思っていたら、ジョナサン・ノットの強い希望で第1稿での演奏になりました。第1稿と第2稿の大きな違いは中間の楽章の演奏順序の違いです。第1稿では、第2楽章はスケルツォ、第3楽章はアンダンテ。第2稿ではこれが逆の順序になります。ジョナサン・ノットはベートーヴェンの交響曲第9番に倣った第1稿の順序にこだわるそうです。

第1楽章は美しい演奏で始まります。素晴らしい演奏です。ただ、トゥッティでは、響きが濁って聴こえます。それ以外は不満のない演奏にじっと聴き入ります。第2楽章は激しく燃え上がるスケルツォ。ようやく、東響の響きも純化されて、素晴らしい演奏になります。第3楽章は実に静謐で美しいアンダンテ。心に沁み入る響きを受け止めます。第4楽章は第3楽章のアンダンテと対比するような急速な動きの音楽です。そして、最高の響きで感動のコーダ。素晴らしいブルクナーでした。第3番以降しか、ブルックナーが演奏されないのが不思議ですね。今後はこの第2番も演奏される機会が増えるでしょう。

前半、1曲目のシェーンベルクは無調の初期の作品。でも、12音技法とは異なり、調性のかけらも感じられます。表現主義的な叫びが印象的です。まるでカンディンスキーの抽象絵画みたいです。というよりもカンディンスキーがシェーンベルクの音楽に霊感を与えられたんですね。

2曲目のウェーベルンのパッサカリアは実に美しく演奏されます。ウェーベルンの後の作品のようにぎりぎりまで切り詰められたものとは違い、ある意味、ウェーベルンとしては、饒舌とも言えるほどです。それでも10分ほどでこの類まれな作品は終わります。若きウェーベルンの音楽がジョナサン・ノットの手によって、美しく演奏されました。

明日も同じプログラムをサントリーホールで聴きます。どういう感想になるでしょう・・・。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット(東京交響楽団 音楽監督)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:グレブ・ニキティン

  シェーンベルク:5つの管弦楽曲 Op.16
  ウェーベルン:パッサカリア Op.1

  《休憩》

  ブルックナー:交響曲 第2番 ハ短調


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のシェーンベルクの5つの管弦楽曲を予習したCDは以下です。

 ロバート・クラフト指揮ロンドン交響楽団 1994年5月 ロンドン,アビー・ロード・スタジオ セッション録音

ロバート・クラフトはさすがの指揮です。


2曲目のウェーベルンのパッサカリアを予習したCDは以下です。

 ロバート・クラフト指揮ロバート・クラフト管弦楽団 1956年2月24日、ニューヨーク、コロンビア30丁目スタジオ セッション録音

シェーベルクと同様にロバート・クラフトによるウェーベルンの世界初の全集です。素晴らしい演奏です。ブーレーズだけが現代音楽のスペシャリストではありません。


3曲目のブルックナーの交響曲 第2番を予習したCDは以下です。

 オイゲン・ヨッフム指揮シュターツカペレ・ドレスデン 1980年3月4-7日 ドレスデン、ルカ教会 セッション録音

文句ないブルックナーの交響曲全集からの1枚です。いやはや、素晴らしい。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR