fc2ブログ
 
  

入魂のモーツァルトのレクイエムに感動!鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2022.10.30

鈴木優人自身の補筆校訂版によるモーツァルトのレクイエムの素晴らしい演奏でした。ジュスマイヤーの補筆完成版を骨格としているために何ら違和感はありません。唯一、第8曲 ラクリモーサ【涙の日】の後に置かれたアーメン・フーガが目新しいところですが、最近のCDではこれを含む版の演奏も多くなってきています。

やはり、モーツァルト自身が書いたとされる第8曲 ラクリモーサ【涙の日】の最初の部分までの音楽密度が高く、第1曲 レクイエム・エテルナム【永遠の安息を】の途中、森 麻季のピュアーなソプラノ独唱でsaraiの感動スイッチが入り、涙が滲んできます。若い頃にはsaraiはこの曲の真髄が分からずにいましたが、ようやく、この歳になって、この曲の素晴らしさを“感じる”ことができるようになってきたようです。第2曲 キリエ【憐れみの賛歌】もBCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)の素晴らしい合唱に心を奪われます。そして、第3曲 ディエス・イレ【怒りの日】の恐ろしいほどの迫力に心が舞い上がります。第4曲 トゥーバ・ミルム【奇しきラッパの響き】では、バスのドミニク・ヴェルナーの素晴らしく響く声とトロンボーンの響きに圧倒されます。そして、テノール、アルト、ソプラノ独唱が続き、最後は四重唱で和します。ここでも、好調な森 麻季の歌唱に心奪われる思いです。この後も素晴らしいBCJの合唱が続きます。そして、第8曲 ラクリモーサ【涙の日】の冒頭の8小節はモーツァルト自身の書いた音楽。何と素晴らしく心に沁みるのでしょう。ここまででsaraiは感動の極みに至りました。残る部分は音楽はともかく、BCJの合唱の響き、BCJのオーケストラの響き、そして、独唱者たちの歌唱の響きの素晴らしさに聴き入ります。そして、第14曲 ルックス・エテルナ【永遠の光】はモーツァルト自身によるイントロイトゥス【入祭唱】とキリエ【憐れみの賛歌】のコラージュです。最後にまた、魂の感動を覚えます。
死の床についていたモーツァルトが妻コンスタンツェの妹ゾフィーやジュースマイヤーとともに最後まで、ラクリモーサ・・・と歌っていたというイメージがsaraiの頭の中に反芻されて、この曲を聴くと、自然と感動してしまいます。天才作曲家の遺言を聴いている思いに駆られます。鈴木優人の素晴らしい補筆校訂版と彼自身の繊細で丁寧な指揮、そして、BCJの合唱の素晴らしさがモーツァルトの最後の傑作を見事に再現してくれました。モーツァルトの魂に合掌!

ところで、この鈴木優人の補筆校訂版のレクイエムは4年前の鈴木優人の首席指揮者就任記念演奏会で聴きましたが、そのときはレクイエムの後に本編でアヴェ・ヴェルム・コルプスが入っていて、とても違和感を感じました。だって、レクイエムの後に演奏できる曲ってあるわけないでしょう。そして、今日もやはり、どうしてもアヴェ・ヴェルム・コルプスを演奏したいらしく、アンコールでの演奏になりました。前回はとても違和感があったのに、今日のようにアンコールで演奏されると、レクイエムの後に演奏するなら、このアヴェ・ヴェルム・コルプスしかないという気持ちになりました。不思議なものですね。静謐なアヴェ・ヴェルム・コルプスに再び、心が洗われる思いになりました。やはり、名曲です。


今日のプログラムは以下です。


  指揮:鈴木優人
  ソプラノ:森 麻季
  アルト:藤木大地
  テノール:櫻田 亮
  バス:ドミニク・ヴェルナー
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


  モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 KV 543

 《休憩》

  モーツァルト:レクイエム KV 626 鈴木優人 補筆校訂版 モーツァルトの自筆譜及び、アイブラー、ジュスマイヤーの補筆完成版に基づく
   イントロイトゥス【入祭唱】
    第1曲 レクイエム・エテルナム【永遠の安息を】 (ニ短調 アダージョ 4分の4拍子 合唱・ソプラノ独唱)
    第2曲 キリエ【憐れみの賛歌】 (ニ短調 アレグロ 4分の4拍子 合唱)
   セクエンツィア【続唱】
    第3曲 ディエス・イレ【怒りの日】 (ニ短調 アレグロ・アッサイ 4分の4拍子 合唱)
    第4曲 トゥーバ・ミルム【奇しきラッパの響き】 (変ロ長調→ヘ短調 アンダンテ 2分の2拍子 バス、テノール、アルト、ソプラノ独唱・四重唱)
    第5曲 レックス・トレメンデ【恐るべき御稜威の王】 (ト短調 グラーヴェ 4分の4拍子 合唱)
    第6曲 レコルダーレ【思い出したまえ】 (ヘ長調 アンダンテ 4分の3拍子 四重唱)
    第7曲 コンフターティス【呪われ退けられし者達が】 (イ短調 アンダンテ 4分の4拍子 合唱)
    第8曲 ラクリモーサ【涙の日】 (ニ短調 ラルゲット 8分の12拍子 合唱)
       アーメン・フーガ
   オッフェルトリウム【奉献文】
    第9曲 ドミネ・イエス【主イエス】 (ト短調 アンダンテ・コン・モート 4分の4拍子 合唱・四重唱)
    第10曲 オスティアス【賛美の生け贄】 (変ホ長調 アンダンテ 4分の3拍子 合唱)
   サンクトゥス【聖なるかな】
    第11曲 サンクトゥス【聖なるかな】 (ニ長調 アダージョ 4分の4拍子 合唱)
    第12曲 ベネディクトゥス【祝福された者】(変ロ長調 アンダンテ 4分の4拍子 四重唱・合唱)
   アニュス・デイ【神の小羊】
    第13曲 アニュス・デイ【神の小羊】 (ニ短調 ラルゲット 4分の3拍子 合唱)
        コムニオ【聖体拝領唱】
    第14曲 ルックス・エテルナ【永遠の光】 (ニ短調 アダージョ 4分の4拍子 ソプラノ独唱・合唱)

 《アンコール》
  モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス ニ長調 K.618



最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のモーツァルトの交響曲第39番は演奏曲目を見落としていたので、予習なし。でも、スーパー有名曲ですから、まあ、いいでしょう。


2曲目のモーツァルトのレクイエムは以下のCDを聴きました。

 テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ、ニュー・シベリアン・シンガーズ
   ジモーネ・ケルメス(S)、ステファニー・ウゼール(A)、マルクス・ブルッチャー(T)、アルノー・リシャール(B)
      2010年2月、ノヴォシビルスク劇場 セッション録音

クルレンツィスは日々進化しています。これは少し古い録音ですが、やはり、新鮮な響きが聴けます。賛否あるでしょうが、聴いておくべき演奏だと思います。ソプラノをナデージダ・パヴロヴァにして、再録音してほしいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR