fc2ブログ
 
  

東響が鳴りまくったベートーヴェンの《第9》 秋山和慶&東響@東京オペラシティコンサートホール 2022.12.21

今年も秋山和慶&東響は《第9》で極上の演奏を聴かせてくれました。昨年も書いたように秋山和慶はまるで《第9》のスペシャリストのようです。

冒頭の「エグモント」序曲から、東響は素晴らしく鳴っています。このヒロイックな作品を素晴らしい音でがんがん聴かせてくれて、気持ちが高揚します。圧倒的な演奏でした。

続く交響曲第9番も素晴らしい音で東響が鳴りまくります。第1楽章と第2楽章は特にコンマスの水谷晃が引っ張って、美しい弦のアンサンブルを中心に見事な演奏を聴かせてくれます。秋山和慶の冷静で的確な指揮も印象的です。第3楽章に入ると、第1主題、第2主題、それらの変奏が続き、次第に楽興が高まっていきます。しみじみと美しいメロディーが最高の弦で奏でられ、徐々に心に沁み入ってきます。こういう高まりのある演奏に心を奪われる思いでした。第3楽章でうっとりしていると、一気に恐怖のファンファーレで第4楽章に突入します。第4楽章はオーケストラが好調を維持し、久しぶりの東響コーラスの大規模な演奏が響き渡り、器楽と声楽の織り成す熱のこもった演奏に耳を奪われます。独唱だけは少し物足りないのが残念です。最終部分で弦が踏ん張って、合唱が高潮するところでは鳥肌がたつ思いです。そして、東響の圧倒的なコーダに感銘を受けます。

やはり、ベートーヴェンの第9番シンフォニーは特別な曲であることを実感させられました。


今日のプログラムは以下のとおりです。

  指揮:秋山和慶
  ソプラノ:秦茂子
  メゾ・ソプラノ:杉山由紀
  テノール:村上公太
  バリトン:原田圭
  合唱:東響コーラス(合唱指揮:冨平恭平)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:水谷晃

  ベートーヴェン:「エグモント」序曲
  ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱付」

   《アンコール》
    蛍の光 AULD LANG SYNE

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のベートーヴェンの「エグモント」序曲を予習したCDは以下です。

  ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 1967年、クリーヴランド、セヴェランス・ホール セッション録音

いやはや、完璧な演奏。感動しました。


2曲目のベートーヴェンの交響曲 第9番を予習したCDは以下です。

  ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団・合唱団、
   アデーレ・アディソン(S)、ジェーン・ホグソン(M)、リチャード・ルイス(T)、ドナルド・ベル(Br)
      1961年、クリーヴランド、セヴェランス・ホール セッション録音

何とも素晴らしいセルの精密極まりない演奏。クリーヴランド管弦楽団のアンサンブルも素晴らしく、まったく隙がありません。ひとつ残念だったのは独唱者たちの歌唱が凡庸だったこと。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR