fc2ブログ
 
  

次は俵屋宗達の象の絵・・・ええっ!!

2022年11月9日(水)@京都/12回目

京都、2日目です。
桂離宮の美しいお庭のを巡り、あり得ないような日本の美に圧倒された後、東山の智積院で長谷川等伯の描いた最高の日本の美を堪能しました。
さて、すぐ近くに、俵屋宗達の象の絵があるので、見ていきましょう。養源院(ようげんいん)に宗達の代表作「白象図」があります。
三十三間堂の手前の通りに入って、すぐです。

2022122301.jpg



あれ~、通り過ぎたのか見つかりません。戻ってみると、養源院は見つかりますが、固く門が閉じられています。

2022122302.jpg



近寄ってみると、小さな文字で「本日の拝観は終了しました」の張り紙が・・・時計を見ると、まだ3時を数分過ぎてるだけです。早過ぎませんか。くぐり戸から出てくる人も多いのですが、どうやら拝観終了で出てきたようです。諦めて帰りましょう。仕方ありませんね。
養源院のお隣は派手に旗が林立しています。近くに寄ってみると、後白河法皇御所聖跡 天台宗 法住寺だそうです。ふーん、色々なお寺がありますね。旗には身代り不動と書かれています。法住寺のご本尊の厄除けの不動さんだということです。

2022122303.jpg



博物館三十三間堂前のバス停に出て、また京都駅に戻り、伊勢丹で夕食の買い出しをして帰りましょう。
なにか京都ならではのものを買いたいのですが、なかなか決まりません。ウロウロしていると、「2割引きだよ」との掛け声。それにつられて、中華総菜を3品購入してしまいます。それではと、さらにハモの湯引きと豆腐を購入。湯豆腐にしていただきましょう。薬味に九条ネギをゲット。お米を持って来るのを忘れたので、京都・丹波産のお米も購入します。
地下鉄でホテルに戻ります。
ホテルはMIMARU SUITES 京都四条。真新しいビルです。

2022122304.jpg



ホテルのお隣は平等寺です。

2022122305.jpg



とりあえず、saraiはお昼寝。一服して、美味しく夕食を頂きます。
京都・丹波産の結構高価なお米です。

2022122306.jpg



ふっくらと炊き上がります。

2022122307.jpg



ハモの湯通し。京都ならではです。

2022122308.jpg



ハモをアテに白ワインをいただきましょう。

2022122309.jpg



さて、これが2割引きにつられて購入した中華総菜三品。これは京都とは関わりのない品ですね。

2022122310.jpg



これは九条ネギをたっぷりのせた湯豆腐です。これは京都らしいですね。

2022122311.jpg



さあ、京都らしいような、京都らしくないような豪華な夕食をいただきましょう。

2022122312.jpg



食事を終えて、後はブログを書いて寝るだけ。
明日の拝観予約は9時。早く寝ましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR