fc2ブログ
 
  

saraiの音楽総決算2022:オペラ・オペレッタ・バレエ編、協奏曲編

さて、前回に引き続き、今年の音楽の総決算です。

今回はオペラ・オペレッタ・バレエ編およびで奏曲編です。
今年はオペレッタとバレエは見ていません。ウィーンに行っていないからです。オペラもコロナ前は海外で見たオペラが並ぶところですが、代わりに新国立劇場の公演が並ぶことになりました。いつの間にか、日本のオペラ水準もヨーロッパ並みになり、とても聴き応えがあります。今年の前半は中村恵理がヴィオレッタを歌ったラ・トラヴィアータ(椿姫)に感動し、2回も聴きました。もっと聴きたかったのですが、他の公演と重なり、自重しました。今年の後半はジョナサン・ノット&東響のサロメが圧巻の出来。何と言ってもサロメを歌ったアスミク・グリゴリアンの美女にして迫真の歌唱に深く感動! 初来日だったそうで、これからも何度も来日してほしい最高のソプラノです。

で、今年は以下をベスト10に選びました。順位は付けていません。

凄過ぎる!!《さまよえるオランダ人》@新国立劇場 2022.2.2 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4258.html

超感動!!中村恵理、薄幸の女の墓碑銘を絶唱 《椿姫》@新国立劇場 2022.3.16 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4300.html

中村恵理、究極のヴィオレッタを熱唱 《椿姫》2回目@新国立劇場 2022.3.19 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4303.html

カウンターテノール、ローレンス・ザッゾの素晴らしいオルフェオと鈴木優人の見事な指揮 《オルフェオとエウリディーチェ》@新国立劇場 2022.5.21 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4366.html

静謐で深遠なドビュッシー、大野和士の渾身の音楽作りに感銘 《ペレアスとメリザンド》@新国立劇場 2022.7.13 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4420.html

高い水準のバロック・オペラを堪能 《ジュリオ・チェーザレ》@新国立劇場 2022.10.8 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4508.html

オペラは最高!抱腹絶倒のチョン・ミュンフン&東フィルの《ファルスタッフ》@東京オペラシティコンサートホール 2022.10.21 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4521.html

ヘンデルの日本初演オペラ「シッラ」(完全舞台版世界初演)@神奈川県立音楽堂 2022.10.29 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4529.html

史上最強の《サロメ》 美女にして強靭な響きの美声を誇るグリゴリアンに深く感動 ノット&東京交響楽団@ミューザ川崎シンフォニーホール 2022.11.18 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4549.html

史上最強の《サロメ》2回目 聴けば聴くほどグリゴリアンは凄い! ノット&東京交響楽団@サントリーホール 2022.11.20 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4551.html


上に書いたようにアスミク・グリゴリアンのサロメは凄かった。ザルツブルク音楽祭でもサロメで絶賛されたソプラノはやはり只者ではありませんでした。強靭な響きの美声で、音楽表現も素晴らしかった。まるでマリア・カラスみたい・・・
ジョナサン・ノット&東響のR.シュトラウスのコンサート形式オペラシリーズの第2弾は来年の5月にエレクトラ。きっと、サロメ以上の演奏になるような予感がします。最後の第3弾は薔薇の騎士か、アリアドネか、あるいは後期のカプリッチョか、ダナエの愛か・・・想像するだけでも楽しいです。あっ、影のない女もありますね。ですから、第3弾で終わりにしないでほしいものです。

中村恵理がこんなに素晴らしいヴィオレッタを歌うとは期待以上のことでした。2回目は思わず、配偶者のチケットも追加買いして、強引に一緒に聴いてもらいました。ウィーンで聴いたネトレプコも凄かったけど、中村恵理も優るとも劣らずの最高の歌唱でした。

新国立劇場では、《さまよえるオランダ人》、《オルフェオとエウリディーチェ》、《ペレアスとメリザンド》、《ジュリオ・チェーザレ》と素晴らしい公演が目白押しでした。バロックオペラが聴けるようになったのも時代の趨勢ですね。日本人歌手だけでの《さまよえるオランダ人》は凄い公演でした。ゼンタを歌った田崎尚美は出色の歌唱。日本人のソプラノでこれほど歌える人がいるとはね!

バロックオペラと言えば、神奈川県立音楽堂でのヘンデルの日本初演オペラ「シッラ」(完全舞台版世界初演)も素晴らしい公演でした。いいものを聴かせてもらいました。こういうプロダクションをどんどんやってほしいですね。

東響のサロメ同様に東フィルのコンサート形式オペラの《ファルスタッフ》も素晴らしい公演でした。何と言ってもチョン・ミュンフンの指揮と貢献が素晴らしい!! もっと、他のオーケストラもどんどんコンサート形式オペラをやってほしいものです。ヴァイグレと読響にもドイツオペラを期待したいものです。


次は協奏曲編です。
今年は素晴らしい協奏曲の公演が多く、中でも日本人のピアニストの活躍が目立ちました。中でもデビュー20周年の上原彩子のラフマニノフの2番は圧倒的な演奏でした。若手の岡田奏、吉田南、藤田真央、岡本誠司はこれからも聴いてみたいと思わせるような素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。

今年は以下をベスト10に選びました。

岡田奏のモーツァルトは絶美 川瀬賢太郎&神奈川フィル@神奈川県立音楽堂 2022.1.22 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4247.html

吉田南の見事過ぎるブラームス 秋山和慶&東京交響楽団@サントリーホール 2022.1.30 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4255.html

魂を燃え尽くす上原彩子の究極のラフマニノフとチャイコフスキー 原田慶太楼&日本フィルハーモニー交響楽団@サントリーホール 2022.2.27 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4283.html

藤田真央の天才迸る圧巻のシューマン 大野和士&東京都交響楽団@東京オペラシティコンサートホール 2022.4.21 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4336.html

メルニコフ、究極のモーツァルト 躍動するルイージのベートーヴェン NHK交響楽団@東京芸術劇場 2022.5.20 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4365.html

河村尚子、ブラームスの瑞々しいロマンを成熟した感性で弾き、その極美の音楽に感動! ヴァルチュハ&読売日本交響楽団@東京芸術劇場 2022.8.28 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

田部京子と上岡敏之の最高のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番 新日本フィルハーモニー交響楽団@すみだトリフォニーホール 2022.10.15 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4515.html

岡本誠司、実に美しいヴァイオリンの響きのモーツァルト「トルコ風」と驚きのトルコ行進曲 ネトピルは圧巻のドヴォルザーク「新世界から」 読売日本交響楽団@東京芸術劇場 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4558.html

ムローヴァ凄し! 圧巻のショスタコーヴィチ 読売日本交響楽団@サントリーホール 2022.12.2 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4563.html

河村尚子、入魂のラフマニノフに感動! ルイージ&NHK交響楽団@サントリーホール 2022.12.14 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html



岡田奏は以前聴いたモーツァルトのピアノ協奏曲第25番と同様の素晴らしいモーツァルトのピアノ協奏曲第21番を聴かせてもらいました。本当に彼女のモーツァルトは素晴らし過ぎる! 全曲チクルスを聴いてみたい!

若手ヴァイオリニストの吉田南のブラームスのヴァイオリン協奏曲にはびっくり。久々にこんなに素晴らしいブラームスを聴かせてもらいました。彼女のヴァイオリンをもっと聴きたいものです。

上原彩子のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は以前から聴きたかった曲目です。さすがのラフマニノフでした。気魄に満ちたその演奏は圧倒的でもあり、美しくもあるものでした。ここ数年で最高の音楽に酔い痴れました。頭が真っ白になるような感動を味わいました。

藤田真央は本物の天才であることを実感するようなシューマンのピアノ協奏曲でした。脱帽です。

メルニコフのモーツァルトは何とも格別の演奏でした。いやはや、彼も凄いね。

河村尚子は今年の後半、よく聴きました。もう熟成してきたと言っても過言ではありません。ブラームスのロマンあふれる美しい演奏にうっとりしていたら、ラフマニノフでは気魄丸出しの凄い演奏を聴かせてもらいました。実に進境著しくて、目が離せません。

田部京子のベートーヴェンは圧巻の演奏でした。ピアノ協奏曲第4番をここまで弾けるピアニストは世界でも数人でしょうか。そして、これほどの詩情に満ちた演奏は彼女だけのものです。

初めて聴いたムローヴァのヴァイオリンは圧巻のショスタコーヴィチの協奏曲第1番。これも凄かった! 彼女にしか弾けない世界です。

ということでこれらのベスト10の演奏はでれも凄かったんです。中でもとびぬけていたのが上原彩子のラフマニノフでした。


一応、このオペラ部門と協奏曲部門全体を通した最上位を決めておきましょう。それは以下です。

 史上最強の《サロメ》 美女にして強靭な響きの美声を誇るグリゴリアンに深く感動 ノット&東京交響楽団

2回聴いた公演のどちらも素晴らしかったのですが、2回目のサントリーホールの公演の凄さには参りました。

明日はいよいよ大晦日。今年の音楽総決算もオーケストラ・声楽曲編でおしまいです。151回聴いたコンサートの中で最高だと思った今年の大賞を発表します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR