fc2ブログ
 
  

saraiの元旦

明けましておめでとうございます。

元旦の朝もsaraiはいつものように朝寝坊。起きてみると、配偶者はすっかり、食卓に元旦のお節料理をセットして待っています。大晦日のジルヴェスターコンサートを一緒に聴いた娘夫婦は、sarai宅で大晦日ディナーを一緒に食べて、そのまま、sarai宅に泊まり、もちろん、既に起きて、saraiの起床を待っています。

早速、娘夫婦が持ってきてくれたシャンパンを抜いて、乾杯!

さあ、配偶者が30年以上、手作りしてくれているお節料理をいただきましょう。

2023010101.jpg



これがお重に詰めたお節料理。基本はずっと変わりませんが、年々、ちょっとずつ工夫されています。毎年、娘が味の品評役です。今年はおおむね高評価でした。

2023010102.jpg



我が家では、saraiの実家の伝統を引き継ぎ、必ず、お刺身が付きます。今年は5品。マルタ産のマグロの中トロ、伊根のマグロの赤身、ぶりの腹と背、紋甲イカです。静岡の田丸屋のわさび漬けも定番です。

2023010103.jpg



これが今年のシャンパン。ルイ・ロデレール コレクション 242 [マグナムボトル] です。2022年11月に発表されたシャンパーニュ&スパークリングワイン世界選手権2022にて、見事ワールドチャンピオンを受賞し、イギリスの専門誌ドリンクス・インターナショナルの「世界で最も称賛されるシャンパーニュ・ブランド2022」にて、3年連続の第1位に輝いた逸品です。さすがに美味しいです。

2023010104.jpg



美味しいシャンパンを飲みながら、お節料理を楽しむ一時を過ごします。シャンパンが空になった後はボルドーのメドック地区のマルゴー村のシャトー、シャトー・プリューレ・リシーヌの赤ワインを開けます。saraiの秘蔵の逸品です。一通り、料理をいただいたところで、最後はお雑煮で〆。saraiの実家のお雑煮を配偶者が引き継いでくれています。つまり、saraiは生まれてからずっと、このお雑煮を食べ続けています。配偶者に感謝するしかありませんね。鶏肉のはいった醤油味のお雑煮は絶品です。福井の勝山産のさといもがはいっているのがポイントですが、これは配偶者のアイディア。これなしにはこのお雑煮は成立しません。毎年、お取り寄せの逸品です。

2023010105.jpg



夕方、みんなで近所で初詣。しっかりと願い事をしました。願いが成就されるかな。

2023010106.jpg



夕食はこれも我が家の伝統のぶりすきをいただきます。ぶりすきとは、ぶりのお鍋料理。またまた、ワインをいただきます。娘夫婦が持ってきてきてくれたブルゴーニュの白ワイン。白ワイン好きのsaraiの嗜好に合わせてくれたものです。シャルドネのドライな味の美味しいワインです。

美味しい料理と美味しいワインで元旦の一日が過ぎました。

昨日のジルヴェスターコンサートは明日のブログで書きましょう。

では、今年も当ブログによろしくお付き合いくださいね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR