fc2ブログ
 
  

修学院離宮:上離宮の浴龍池の周りの絶景

2022年11月10日(木)@京都/5回目

京都、3日目です。
修学院離宮の秋色に彩られたお庭を巡っています。
ここまでのお庭の拝観ルートを地図で確認しておきましょう。
御幸門から下離宮、中離宮と巡ってきたところです。

2023010401.jpg



中離宮を出て、また、松並木の道を戻っていきます。

2023010402.jpg



松の木の間からは修学院離宮の周りの保護された自然と農地が広がっています。

2023010403.jpg



下離宮を出たあたりの、上離宮への分かれ道に着きます。ここから上離宮への松並木の道を登っていきます。

2023010404.jpg



道の途中に柵があります。人の立ち入りも禁止するのでしょうが、動物が出入りしないようにしているのでしょう。このあたりは自然の真っただ中ですからね。

2023010405.jpg



やがて、上離宮の入口、御成門の前に到着。ずい分、歩いてきました。御成門越しに綺麗に色づいたモミジが見えます。

2023010406.jpg



ここは既に高台で、かなり下方に市街地が見えています。

2023010407.jpg



一通りの説明の後、いよいよ、御成門から上離宮に入っていきます。

2023010408.jpg



御成門を抜けると、急な石段が待っています。どんどん登っていくと、急に視界が開け、大きな池が見えてきます。

2023010409.jpg



真っ赤に色づいたモミジに彩られて、見事な景観が広がっています。この大きな池は浴龍池。上離宮はこの浴龍池を中心とした庭園です。

2023010410.jpg



浴龍池には中島も造り込まれて、美しい姿を見せています。うっとりとこの絶景に見入ります。

2023010411.jpg



これが今登ってきた急な石段です。頑張って登ってきたからこそ、絶景が眺められます。

2023010412.jpg



今いるのはこの丘の頂上にある隣雲亭です。ここの小さなお庭から、浴龍池の絶景を見下ろしています。

2023010413.jpg



ここからの絶景はずっと見ていたい風景です。浴龍池の向こうには洛北の山々が見渡せ、遠くには市街地も見えています。

2023010414.jpg



真っ赤なモミジはまさに見頃。京都の秋を彩っています。

2023010415.jpg



修学院離宮は、桂離宮とは、まったく趣の異なるものですね。桂離宮のように人工的に美にこだわった庭園というものではありませんが、広大な自然に溶け込んだ広大なお庭は素晴らしいものです。それにモミジが実に素晴らしいです。特別に時期にこだわった予定ではありませんでしたが、モミジの時期にぴったりだったようです。上離宮の自然の美しさを存分に味わいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR