fc2ブログ
 
  

緊急報告:箱根の温泉でほっこり、2日目は大行列の田むら銀かつ亭で豪華ランチ

昨日から、箱根の強羅の温泉でほっこりしています。今朝も起きてすぐに温泉に浸かり、ほこほこの足を配偶者にマッサージしてもらいます。ぎんぎんに足が痛みますが、これも治療の一環。

ゆっくり、昨日仕入れていたクロックムッシュのパンを朝ごはんとしていただきます。そして、11時のチェックアウト時間まで粘って、ようやくホテルを後にします。既に朝降っていた雪も止んでいます。
来るときは強羅から中強羅までケーブルカーで登ってきましたが、帰りは急坂を強羅まで下っていきます。痛む足を引き摺りながら、ゆっくりと下っていきます。
途中、箱根美術館の前を通りますが、前回、しっかりと鑑賞したので、今回はパス。その先の強羅公園を見ていきましょう。
強羅公園はケーブルカーの公園上駅から公園下駅までの斜面に作られているので、公園の中を見物しながら、公園下駅まで下っていきます。
公園上の西口を入ると、音楽堂からパノラマの景色が楽しめます。残念ながら、公園の中は冬枯れでほとんど花がありません。本来はバラ園が美しい筈なんです。それでも正面にはシンボルツリーのヒマラヤ杉が綺麗な姿を見せています。

2023012301.jpg



バラ園の中はクリスマスローズだけが可憐な花を咲かせています。

2023012302.jpg



バラ園、ヒマラヤ杉を過ぎると、正面に噴水池が見えてきます。これは冬枯れとは無縁です。

2023012303.jpg



噴水池を過ぎると、満開の花の木があります。ミツマタですね。

2023012304.jpg



熱帯植物園の温室があるので、入ってみます。少し温かいですね。あまり、花は咲いていませんが、ブーゲンビリヤとハイビスカスは美しい花を咲かせています。

2023012305.jpg



温室の中は迷路状態。抜け出すのに一苦労。saraiがベンチで待っていて、配偶者が出口を発見してくれました。ほっ・・・。

強羅公園を抜けて、公園下に出ます。このまま、下って、強羅に出ます。お昼時になったので、強羅の人気グルメ、田むら銀かつ亭に向かいます。行列必至の人気店です。
お店の前には、受付機で受付を済ませて待つようにとのメッセージボードがあります。

2023012306.jpg



おおっ、噂通り、大勢の人が入口付近に群がっています。

2023012307.jpg



受付機で受付すると、53番の受付シートが印刷されてきます。現在、受付の先頭は30番台です。15組以上待つ必要があります。途中、1組で10人ほどの団体が入ったりして、なかなか、順番が進みません。
結局、待つこと1時間ほどでようやく店内のテーブルに案内されます。最初から覚悟していたので、それほど待たされた感覚はありませんでしたけどね。

店内は外で待っているときの想像とは異なり、広々とした古民家風の佇まいです。ともかく、天井が高いことに驚きます。

2023012308.jpg



さて、メニューを吟味します。ここには普通のとんかつもありますが、名物は豆腐かつ煮です。せっかく1時間も待ったので、この豆腐かつ煮にしましょう。メニューには、豆腐かつ煮は2種類あって、豆腐かつ煮定食と豆腐かつ煮御膳があります。その価格差が千円ほどです。豆腐かつ煮を食べたいので、お安い豆腐かつ煮定食でいいのですが、写真を見ると、豆腐かつ煮の鍋の入れ物が違います。スタッフの方に違いを訊くと、熱々で食べるには豆腐かつ煮御膳の豆腐かつ煮鉄鍋だということです。2,640円もしますが、SNS映えしそうな豆腐かつ煮御膳に惹かれます。ええい、ここは贅沢しましょう。昨日はうな重で贅沢したばかりですが、せっかく、箱根の温泉でほっこりしたのだからいいでしょう。というような訳の分からない理屈で散財します。
何とすぐに料理が運ばれてきます。みんな同じような決断で選択するので、準備ができているんですね。
ほほう、鉄鍋は下の炎で熱せられて、それ以外の盛りだくさんの贅沢料理が並びます。

2023012309.jpg



準備が整ったところで、鉄鍋のふたが開けられます。美味しそうなカツが玉子でとじられて、ぐつぐつ煮えています。早速、いただきます。ううっ、何だか美味しいような気がします。実際、美味しいんです!

2023012310.jpg



食べてみて、初めて分かりましたが、普通のカツ煮ではなく、カツの中身はお豆腐で挟んだひき肉です。でも、食べている感覚はヘルシーなトンカツなんです。 食べ終わりの段階で分かりやすくなった中身をご紹介しましょう。

2023012311.jpg



saraiも配偶者も完食して、満腹です。とりわけ、配偶者はずっと苦しいを連発していました。
食後はコーヒーとデザート。満足、満足!

2023012312.jpg



もう、これで箱根でやり残したことはありません。田むら銀かつ亭を出て、強羅駅に向かいます。
と、お豆腐屋さんがあります。その名も銀豆腐。このお豆腐屋さんの銀豆腐を使っているので、銀かつ亭なのかなと妙に納得します。箱根の豆腐は有名ですからね。

2023012313.jpg



強羅駅に着くと、すぐやってきた箱根登山鉄道の電車に飛び乗ります。ちなみに強羅駅はSuicaが使えます。また、箱根はどこでもクレジットカードが使えるので、ずい分散財しましたが、現金は全然使っていません。
箱根登山鉄道はまるでスイスの登山鉄道みたいです。半径30mの大きなカーブでは後ろの車両が眺められます。

2023012314.jpg



実際、箱根登山鉄道はスイスのベルニナ鉄道を路線に含むレーティッシュ鉄道と姉妹鉄道提携をしています。
箱根登山鉄道の建設の際、困難を極めたのが早川鉄橋でした。鉄橋からははるか下に早川渓谷を見下ろせます。

2023012315.jpg



湯元駅に到着すると、何と小田原行の電車の乗り換えが0分です。saraiが動かない足を酷使して、最後に電車に駆け込むと直後にドアが閉まります。saraiが最後の乗り換え客でした。それでも、saraiが乗り込むまで、ドアを閉めるのを待ってくれたようです。配偶者が手を振って合図したからでしょう。箱根は最後までドラマに満ちていました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR