fc2ブログ
 
  

苔寺(西芳寺):庭園の美はなんと感動的!

2022年11月11日(金)@京都/10回目

京都、4日目です。
今回のテーマは予約必須の特別拝観の名所訪問です。今日は西芳寺、通称、苔寺を尋ねています。
黄金池(おうごんち)と名付けられた池の周りの美しい眺めにうっとりとしながら散策しているところです。
池と島々の美しい眺めに魅了されていますが、夕日ヶ島をズームアップして眺めると、美しい苔がそのまま池に落ち込んでいるように見えます。無論、そんなことはなく、池の水面に苔が映り込んでいるんです。その水面に揺蕩う光が素晴らしいです。

2023020701.jpg



いやはや、水面は映り込む風景と秋の日の光が重なり合って、ファンタスティックな世界を演出しています。

2023020702.jpg



池の端を周り込んでいくと、夕日ヶ島に架かる木橋(石橋ではありません(笑い))が正面に見えてきます。周りの苔の世界が広がり、アクセントになるモミジが可愛いですね。

2023020703.jpg



このあたりは苔に覆われた地面が池に半島のように突き出して、変わった雰囲気を醸し出しています。

2023020704.jpg



半島の突端の先には夕日ヶ島がこんもりと盛り上がっています。

2023020705.jpg



弧を描いている池の岸辺の先には一艘の舟が繋がれています。昔は舟を漕ぎ出して、月を愛でていたのでしょう。桂離宮と同じ感性の古人(いにしえびと)たちですね。

2023020706.jpg



美しい苔の間の小径を苔を痛めないように慎重に歩いていきます。小径には木漏れ日が差しています。風情がありますね。

2023020707.jpg



美しい紅葉越しに秋の日に照らされている池の水面を眺めます。これぞ日本の秋ですね。

2023020708.jpg



モミジ、光る苔、光が揺蕩う水面、心に沁み入る風景です。

2023020709.jpg



緑の苔と緑色に輝く水面という緑の世界と対照をなす赤く染まったモミジの作り出す光景に魅せられます。これ以上の美はないでしょう。

2023020710.jpg



思わず立ち止まって、この奇跡のような風景をじっと眺めます。

2023020711.jpg



しばらく、動けそうにありません。深い感動の波に襲われます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR