fc2ブログ
 
  

苔寺(西芳寺):庭園は苔の中の散策路に変容

2022年11月11日(金)@京都/11回目

京都、4日目です。
今回のテーマは予約必須の特別拝観の名所訪問です。今日は西芳寺、通称、苔寺を尋ねています。
黄金池(おうごんち)と名付けられた池の周りの美しい眺めにうっとりとしながら散策しているところです。
美しい緑の苔と光り輝く池の水面、そして、真っ赤なモミジの織り成す妙なるハーモニーにうっとりと見入っています。

2023020901.jpg



このあたりに広がる苔の表情に驚嘆します。一様に分厚い緑の絨毯ではなく、もこもことした苔の塊が連なって異様な光景です。苔の表面には光が作用して、白く光って、雪の塊のようにも見えます。

2023020902.jpg



苔の平原はずっと先の小島の中まで続いているように錯覚します。壮大なスケールの庭園を思わせます。

2023020903.jpg



このあたりの苔はまさに緑の絨毯を敷き詰めた感があり、光を受けても緑色に光っています。木々の向こうには散策の起点となった観音堂が見えています。

2023020904.jpg



まわりは様々な種類の苔に覆われています。その苔の中に続く散策道を後ろの風景を振り返りつつ進んでいきます。庭園内の苔の種類は120種類もの青苔があるそうです。

2023020905.jpg



水路の前の苔むす樹林の先には広大な竹林が広がっています。実に奥深い庭園です。

2023020906.jpg



苔の庭園はこの辺りでは池の水面が見えず、一帯、樹林が広がっているように見えます。樹林の一角にはまばゆい光が差しています。秋の日もお昼近くになると強烈な日差しをもたらします。

2023020907.jpg



苔の樹林の中の散策路を人が行き交います。人が立っているのは池の水面が美しく見えるあたりです。saraiも呆然として絶景を眺めていました。こうした人の姿を見るのも稀な森閑とした庭園です。

2023020908.jpg



樹林の中に一木だけのモミジが赤く染まっています。モノクロームな世界の中のアクセントのようです。まるで自然の芸術ごとく、目を楽しませてくれます。

2023020909.jpg



苔の樹林の美しさに呆然としてしまいます。人が作り出した自然でありながら、既に自立した自然のようにも思えます。和の心なのでしょうか。

2023020910.jpg



苔の間に水路が作られています。水路を挟んで両側の苔は種類が異なり、微妙な対比を見せています。

2023020911.jpg



散策路は池から離れていて、しばらくはまわりは苔の緑ばかりです。黄金池の風景から庭園は表情を変えています。こういう変化も苔寺の庭園散策の醍醐味です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR