fc2ブログ
 
  

嵐山の屋形船へ

2022年11月11日(金)@京都/15回目

京都、4日目です。
今回のテーマは予約必須の特別拝観の名所訪問です。今日は西芳寺、通称、苔寺を尋ねました。
その後、若い女性に大人気の鈴虫寺を訪問。聞きしに優る名和尚さんの見事な説法でした。鈴虫の鳴き声もよかったしね。
鈴虫寺を出ると、素晴らしい竹林があります。

2023021601.jpg



嵐山に戻るためにバスターミナルに出ます。地蔵院に登る階段があります。地蔵院はちょうど5年前の紅葉時に行きました。

2023021602.jpg



さっき、鈴虫寺でもらったお菓子を確認します。寿々むしというお菓子です。

2023021603.jpg



すぐにやってきたバスで嵐山に移動。早速、屋形船乗り場に行ってみます。桂川を屋形船で楽しむというのがあるのは知っていましたが、今まで気にも留めていませんでした。でも、今日は水上からモミジを眺めるのも一興ではないかということになりました。この屋形船乗り場からの渡月橋の眺めはなかなかのものです。風光明媚というのは、このような景色のことを言うものですね。

2023021604.jpg



乗り場には人影もなく、空いているようです。楽勝で乗れるようです。

2023021605.jpg



近くには手漕ぎボートの乗り場もあります。昔はsaraiはやたらにこのボートが好きで配偶者を各地で乗せていました。今日は屋形船モードです。

2023021606.jpg



嵐山に、観光客が戻ってきたようです。渡月橋の上は、多くの人で賑わっています。

2023021607.jpg



船着き場で様子を聞くと、15分後に乗船できるとのこと。それはラッキー。屋形船からの景色を楽しみましょう。

2023021608.jpg



船上でのお茶の楽しむお菓子を求めてブラブラ。ここにも屋形船がありますが、ここは星のや専用の渡し舟。星のやは陸路から行けないので、ここから渡し舟に乗るしか手段がありません。いつかは泊まってみたいと言うと、配偶者から、そんな贅沢は駄目というご託宣。最もです。

2023021609.jpg



結局、生八つ橋オタベをゲットして、乗り場に戻ると、乗客が集まっています。

2023021610.jpg



これが乗り場の事務所になっている小屋です。飲み物の自販機も並んでいます。

2023021611.jpg



既に我々の乗る屋形船も準備を終えて、待っています。

2023021612.jpg



いよいよ、乗船します。嵐山の紅葉を船上から楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR