fc2ブログ
 
  

ドレスデン散策:日本人のワイン屋さんとイタリアンの夕食

2008年5月2日金曜日@ドレスデン/2回目

2008年のドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaの旅です。saraiのヨーロッパを巡る旅の最終章になります。気合いを入れて、書いていきます。

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。最初の目的地、ドレスデンに着き、早速、旧市街を散策しているところです。

美術鑑賞を終えて、配偶者、姉、saraiの3人で旧市街の中心、ノイマルクト広場Neumarktあたりをぷらぷらしていると、日本語で声をかけてくる人がいます。まだ、結構若い人ですが、日本人で、昨日、新しいワインショップを開店したので、店も近いので試飲していかないですかとのこと。すると、配偶者は調子よく、間髪入れずに、「フランケンはあるの?」。いつの間にやら、saraiの好物のワインの名前がしっかりと頭に入っています。もちろん、あるとのことで、結局、試飲することに。フランケンはもとより、地元のザクセンワインなどを試飲。まんまとワインやワインジャム、バウムクーヘンなどを購入する破目になりましたが、saraiは大喜び。フランケンのほか、日本では入手が困難なザクセンワインをゲットできたんですからね・・・。価格も2~3千円でリーズナブルでした。後で、おまけに1本プレゼントもあり、ラッキー!!このワインショップには5年後にも再訪して思い出を語り合うことになります。このワインショップはフラウエン教会の近く(先)の御土産物屋(Remember Dresden)の地下にあります。

この店のオーナーに紹介されたイタリアンで美味しい夕食をいただくことになります。早速、ピザとパスタを注文。なかなか美味しそうです。

2023041201.jpg



気の置けない雰囲気で、地元の人で混み合っています。

2023041202.jpg



ペンネもいただきました。トマト味でとても美味しい。

2023041203.jpg



ご機嫌でトラムに乗って、ホテルに帰ります。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2023041204.jpg



キッチンでお湯を沸かし紅茶をいれて、PCに向かっています。このときはまだブログを始めていなかったので、書いているのは、親族・親戚内で立ち上げていたホームページ内の旅の報告記事です。

2023041205.jpg



部屋をちょっと紹介しましょう。寝室はこんな感じでコンフォータブルです。

2023041206.jpg



食事用のテーブルもちゃんとあります。

2023041207.jpg



このホテルには今日から4泊します。

さあ、また明日を楽しみにお休みしましょう!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR