fc2ブログ
 
  

緊急報告:京都の春、高台寺と三条商店街

今日から春の京都を訪れます。もう京都訪問はsarai夫婦の毎年の行事になっています。やはり、春と秋はよい季節ですね。

朝、新横浜から新幹線に乗ると、富士を通過するあたりで美しい富士山が見えます。ひかりは大半が外国人観光客。みなさん、喜んでいます。

2023041901.jpg



saraiはこのあたりからコンサートのチケットを予約するのが大変。1枚目は順調に予約・購入できますが、2枚目でクレジットカードがセキュリティチェックにかかり、ロックされてしまいます。同一金額のチケットを同じサイトから購入したからです。実はsaraiも現役時代は同様のリスク管理の解析処理をしていたため、そのロジックのあまりに稚拙なことに呆れます。これもAIの一種ですが、レベル低過ぎです。早速、カード会社のオーソリ担当に電話しますが、なんとロック解除に1時間もかかるとのこと。それではチケットが売り切れになります。何とか特急でロック解除してもらい、名古屋を過ぎるあたりで予定のチケットをすべて購入できました。ほっ・・・。

そうこうするうちに京都に到着。タクシーで今日のお宿に直行。なんと駅前のタクシーはほとんど出払っています。コロナ禍のときとは隔世の感です。運転手さんにそのことを尋ねると、コロナ禍のときに大量の運転手さんがやめたそうで、高齢化しているそうです。コロナ禍は落ち着きをみせてもその傷跡は深いですね。
京都駅で乗ったタクシーはすいすいと走り、途中からは狭い路地を抜けて、今日のお宿に到着。町家の跡に建てた細長いビル。ここもインターナショナルなホテルのようです。

2023041902.jpg



ホテルに荷物を預かってもらい、タクシーで高台寺あたりに向かいます。圓徳院で長谷川等伯の襖絵(複製)の特別展示をやっているので、それを見に行きます。なかなか面白い作品でした。秀吉の桐のご紋の襖の上に半ば強引に山水の水墨画を描いたものです。

2023041903.jpg



圓徳院の北のお庭の前で座って見ていると心がなぜか和みます。伏見城から移したものだそうです。じっと見ていると、大小の鳥たちが木々に飛んできます。そうしているうちに動けなくなります。

2023041904.jpg



すかさず、配偶者が抹茶を頼んでいます。祇園・辻利のお茶を美味しくいただきながら、長居をします。お菓子は生きんつば。

2023041905.jpg



抹茶のお礼を言いながら出るときはもう周りに誰もいなくなっていました。

圓徳院の前の通りの向かいが高台寺です。長く続く緩やかな石段をよろよろと登っていきます。後ろから追い抜いていくのも降りてくるのも外国人ばかりです。(そういえば、圓徳院には外国人は見かけませんでした。)

2023041906.jpg



何とか石段を登り切り、高台寺の中に入ります。ちなみに圓徳院も高台寺も無料入場。奇特なお友達に拝観招待券をいただいたんです。彼の家のお墓が高台寺にあり、檀家なんです。そんな人がいるんですね。
方丈を見た後、開山堂の前に行きます。

2023041907.jpg



この後、本来ならば、丘の上に登り、秀吉と北政所をお祀りする廟堂をお参りするところですが、saraiの足が悲鳴を上げているので、ここで断念。

今日の観光はここで打ち切って、三条商店街に買い物に行きます。
この商店街は堀川通りから千本通りまで続く長大な商店街です。こんなお店が商売になるのかという驚きの商店街でした。
これはクレームブリュレドーナツの専門店。ひとつ買って、向かいの公園で食べました。その場でバーナーであぶってくれます。その後、うちわで熱を冷ましてくれます。なかなか面白いショータイムです。

2023041908.jpg



驚くことに次から次にお客さんが来ます。終いには外国人まで来ます。有名なのかしら・・・。

これはたこ焼き屋さん。お勧めの岩塩味のたこ焼きをテイクアウトします。注文するとその場で作り始めます。それを見ていた外国人観光客が興味津々。

2023041909.jpg



夕食用の食材も調達して、堀川通りに戻ります。堀川通りから見た三条商店街の入口です。

2023041910.jpg



ここからホテルはすぐそこ。外国人がこのあたりでもカジュアルなスタイルでぶらぶらしています。

京都は外国人に占拠されたのか!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR