fc2ブログ
 
  

カーチュン・ウォン凄し! ヤナーチェクのシンフォニエッタは圧巻の超名演 日本フィルハーモニー交響楽団@サントリーホール 2023.5.13

このところ、カーチュン・ウォンの演奏が聴き逃がせなくなっています。今回もプログラムが凝っています。ミャスコフスキーという珍しいロシアもの、それに芥川、最後はヤナーチェクという心憎い組み合わせ。いかにも新鮮ではありませんか。ミャスコフスキーと芥川也寸志は初聴き。それにヤナーチェクのシンフォニエッタはいつ聴いたか思い出せないほど聴いていません。

最初のミャスコフスキーは交響曲といっても単一楽章だけの短いものでソナタ形式でもなく、表題にある通り、幻想曲のようなものです。これをカーチュン・ウォンは実に美しく響かせて演奏します。なかなか魅力的な演奏でした。ミャスコフスキー自体、名前は知っているという程度で1曲も聴いたことがなく、入門編としては最適のものでした。

次は芥川也寸志のチェロとオーケストラのための《コンチェルト・オスティナート》。チェロの佐藤晴真は難関のミュンヘン国際音楽コンクールを制した気鋭の若手。多分、初めて聴きます。チェロは日本の若手がどんどん輩出してきている感もありますが、佐藤晴真はテクニック、音楽性でも抜きんでた存在であることを実感しました。彼が芥川也寸志のもはや古典ともなった作品を見事に演奏し、カーチュン・ウォンはは素晴らしいサポートを聴かせてくれました。わくわくするような演奏を聴き、気持ちが昂ぶりました。

休憩後、カーチュン・ウォンは彼の得意でもあり、そして、かなり入れ込んでいる様子のヤナーチェクのシンフォニエッタを圧巻の演奏で聴かせてくれました。意外なほど、ヤナーチェクの民俗色は強調せずにインターナショナルとも思える演奏です。通常はそういう演奏はあまり受け入れ難いのですが、素直に納得して聴ける演奏です。それはカーチュン・ウォンがヤナーチェクを自分の同調できるものとして、彼の体内にいったん取り込んで、分かりやすい形で明快な演奏を聴かせてくれたからだと思えます。カーチュン・ウォンの特質がだんだん分かってきましたが、彼はアジア出身という自身の成り立ちを素直に表出し、彼なりの表現で無理のない形で音楽を造形していっているようです。決して、押しつけがましく音楽を表現することなく、それでいて、彼の並外れた知性のフィルターを通して、明快に造形された音楽を聴衆に提示してくれているようです。我々聴くものは何ら無理をせずにカーチュン・ウォンの音楽ワールドを受容すればよいのでしょう。普通はこういう指揮者の音楽は物足りなく感じることもありますが、そうならないのがカーチュン・ウォンの天才的な音楽力です。とりあえず、バルトークやヤナーチェク、そして、マーラーは素晴らしい演奏が期待できます。今日のヤナーチェクも素晴らしい演奏でした。それに彼が振る日本フィルの音の響きの素晴らしいこと。弦はもとより、木管も金管も素晴らしく鳴ります。

こんな凄い指揮者がこれから日本フィルの首席指揮者になるのですから、日本フィルは上昇が続くでしょう。やはり、来季からは日本フィルの定期会員にならねばなりません。saraiにそう思わせるようなコンサートでした。


今日のプログラムは以下です。


  指揮:カーチュン・ウォン[首席客演指揮者]
  チェロ:佐藤晴真
  管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団 コンサートマスター:田野倉 雅秋

  ミャスコフスキー:交響曲第21番《交響幻想曲》嬰ヘ短調 Op.51
  芥川也寸志:チェロとオーケストラのための《コンチェルト・オスティナート》
   《アンコール》J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 から 第4曲 サラバンド(Sarabande)

   《休憩》

  ヤナーチェク:シンフォニエッタ


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のミャスコフスキーの交響曲第21番《交響幻想曲》を予習したCDは以下です。

 エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団 ミャスコフスキー:交響曲全集 1991-1993年 セッション録音

ミャスコフスキーの全27曲の交響曲全集の中の1枚。何とも暗くて深みのある演奏です。


2曲目の芥川也寸志のチェロとオーケストラのための《コンチェルト・オスティナート》を予習したCDは以下です。

 岩崎洸、若杉弘指揮日本フィルハーモニー交響楽団 1971年 セッション録音

古い録音ですが、チェロもオーケストラも見事な演奏。チェンバロの演奏効果が浮き立っています。


3曲目のヤナーチェクのシンフォニエッタを予習したCDは以下です。

 ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団 1981年10月16日 ライヴ録音

クーベリックのライヴの熱い演奏が聴きものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       カーチュン・ウォン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR