fc2ブログ
 
  

ドレスデン、運命の日は遥かに昔になり、フラウエン教会は戦争と和解の象徴として、輝きを放っていますが、現実世界は今も愚かな行為を繰り返しているとは・・・

2008年5月3日土曜日@ドレスデン/10回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はドレスデンの2日目です。

エルベ川の船旅を終えて、ドレスデンの市内観光に移ります。美しいチーズ屋さん、プフンズ・モルケライPfunds Molkerei Dresdenを出るところです。ところで、混雑する店内でsaraiは大失策をおかします。観光客の一人が寄って来て、これはあなたのものじゃないかと渡してくれたのは、何とsaraiのパスポート。知らないうちに落としてしまったようです。次回の旅からはパスポートのコピーを財布に入れ、うかつにパスポートを出さないようにしました。まだまだ、旅の初心者だったんです。いずれにせよ、親切なかたに感謝しましょう。旅では数知れない人たちのご親切に助けられてきました。

次は今回の旅の企画のきっかけになったフラウエン教会Frauenkircheに向かいます。
また、アルベルトプラッツAlbertplatzまで歩いて、そこからトラムで旧市街に移動。
フラウエン教会の美しい建物の前に立ちます。

2023051501.jpg



ドレスデンの街は第2次世界大戦の連合国の爆撃で破壊しつくされたのですが、市民がその瓦礫をかき集め、それらを用いてできる限り元の形に復元するという信じられない努力の結果、2005年に元の美しい教会が甦ったというフラウエン教会です。saraiがここを訪れた3年前に蘇ったばかりのことでした。

実はこの旅の直後、このドレスデン空襲を題材にした映画、『ドレスデン、運命の日』を見ました。連休で訪れたドレスデンを主題とした映画がツタヤにあったので、レンタルして、配偶者と一緒に見ました。この映画のラストシーンが再建されたフラウエン教会でした。
この映画は第2次世界大戦末期のドレスデンの病院とイギリス空軍を舞台に始まります。ヒロインはドレスデンの大きな病院の看護婦(病院長の娘)、ヒロインと恋に落ちるのはイギリス空軍の爆撃機のパイロット。彼らが恋に落ちるのはちょっと無理のある筋書きですが、本来、この映画の主題はドレスデン大空襲であり、彼らはそれを盛り立てるのが役割なので、そのあたりにはこだわらないで、この映画を見ましょう。そして、運命の日、1945年2月13日から15日にかけて、イギリス空軍による2波の大空襲とさらにアメリカ軍による2波の空襲が行われ、ドイツ東部の美しい古都ドレスデンは灰燼と帰してしまいます。そして、2万5千人の市民が亡くなったと推計されています。そもそも、ドレスデンには軍事的な価値はあまりなかったのですが、ソ連軍がドイツに迫ってきており、イギリスとしても、何らかの存在感を示すために、ドレスデンをスケープゴートにしたようです。
しかし、この大空襲によっても、堅牢なフラウエン教会は持ちこたえたのです。でも、空襲による火災で高熱にさらされたドームの建材がスポンジ状に変質し、数日後に崩れ落ちます。
時は流れて、ドレスデンは東ドイツの一部となり、瓦礫となったフラウエン教会もそのまま放置されていました。そして、ライプツィヒに端を発したベルリンの壁崩壊が1989年に起きます。ドイツ統一後のドイツ人の精神的な象徴として、このフラウエン教会の再建が始まります。ついに2005年に見事にフラウエン教会が再建されました。その姿は白い石と黒い石がまだらに組み合わさったものです。白い石は新しい石、黒い石は瓦礫のなかから探し出された石です。史上最大のパズルと言われている由縁です。

2023051502.jpg



saraiはこの再建されてまだ3年のフラウエン教会を見て、その不思議な模様になんともいえない感覚を抱くとともに、きっと、いつかはあの白い石も黒ずんで、黒い石と同化するんだろうなと思います。いつの日か、教会を見上げた人たちが、黒々とした壁面を見て、壮大な教会の姿に感動し、戦争の傷跡から開放されるでしょう。それまでは、戦争と和解の象徴として、長く、フラウエン教会は世界中から訪れる人々の視線を集め続けることになるのでしょう。
先日、映画『シンドラーのリスト』を見て、ドイツ人(ナチス)のユダヤ人に対する非人道的な歴史的事実に胸を痛めましたが、この映画も見て、結局、戦争という行為はすべての人々を加害者・被害者にしてしまうというシンプルな事実を痛感することになりました。
映画そのものは傑作ではありませんが、その主題とするものを感じられれば、決して見て損のない?映画です。

美しく再建されたフラウエン教会の内部をご紹介しつつ、今後、決してこの美しい教会が損なわれないことをみなさんとご一緒に祈りたいと思います。

折しもミサの最中で静かにそっと後ろに立ちます。内部の息を飲む美しさに驚嘆します。

2023051503.jpg



何と言う美しい装飾でしょう。内部は完全に復元したものでしょう。その復原をやり遂げた市民の執念ともいえる努力には本当に驚きます。

2023051504.jpg



見事に修復されたドレスデンのフラウエン教会(聖母教会)のドームの天井を見上げます。ドイツ人がここまで美しいものを再現した努力を思い、胸にジーンとくるものがあります。

2023051505.jpg



主祭壇とその上にある大きなパイプオルガンです。見れば見るほど、修復作業の素晴らしさに感銘を受けます。

2023051506.jpg



後方のバラ窓からは明るい陽光が差し込んで、人々に祝福を与えています。

2023051507.jpg



ドレスデンの旧市街はかつては美しいバロック建築の街として知られていました。しかし、このフラウエン教会をはじめ王宮やツヴィンガー宮殿やゼンパーオパーなど多くの建物が大空襲で完全に破壊されました。しかし、今では多くの建物が再建されて、昔日の輝きを取り戻しつつあります。しかし、真っ黒に焼け焦げた石がそのままはめ込まれモザイク状になっているフラウエン教会を見ると、戦争の愚かさと恐ろしさを感じられずにはいられません。
そして、また、今でもウクライナで戦争と破壊という愚かな行為が繰り返されています。77年も経つと過去の戦争の反省などは忘れてしまう人類の愚かしさにこれからの未来はあるのかという暗澹たる思いに駆られるのみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事
  • ドレスデンの美しい街を散策
  • 本日休載

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR