fc2ブログ
 
  

ドレスデンの美しい街を散策

2008年5月3日土曜日@ドレスデン/11回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はドレスデンの2日目です。

エルベ川の船旅を終えて、ドレスデンの市内観光に移ります。美しいチーズ屋さん、プフンズ・モルケライPfunds Molkerei Dresdenから旧市街に移動して、フラウエン教会Frauenkircheで大きな感銘を受けます。そこからドレスデン城Residenzschlossのほうに歩いていきます。ドレスデン城の外壁のひとつに描かれる絵画(マイセン磁器作品)、「君主の行列」Fürstenzugの前に出ます。君主の行列は一枚の大きな絵画ではなく、マイセン磁器のタイルで102メートルの長さにまで繋ぎ合わせたものです。これは他に類を見ないスケールで、磁器を用いて製作した作品として世界最大と言われています。その中央にいるのがアウグスト2世August IIです。強健王(Mocny)とも呼ばれ、ザクセン選帝侯国の首都ドレスデンを主要な文化的中心地に変えた偉大な人物です。

2023051601.jpg



ドレスデン城に隣り合うカトリック旧宮廷教会Kathedrale Sanctissimae Trinitatisが目の前に現れます。

2023051602.jpg



こちらはドレスデン城の威容です。これらの建物も空襲で破壊されましたが、戦後に再建されました。

2023051603.jpg



ドレスデン城の横を抜けて、ゾフィーエン通りSophienstraßeに出ると、正面にゼンパー・オーパーSemperoper Dresdenの優美な建物が見えてきます。ここで明後日、オペラを聴く予定です。そのオペラの演目を書いた垂れ幕が下がっています。一世を風靡した歌姫エディッタ・グルヴェローヴァがルチアを歌う《ランメルムーアのルチア》です。

2023051604.jpg



エルベ川のほうに向かい、川の手前にある大きな石段を上ります。

2023051605.jpg



そこがブリュールのテラスBrühlsche Terrasseです。一段高いところからエルベ川の景色を眺められます。

2023051607.jpg



川岸にはエルベ川クルーズの蒸気船も停泊しています。午前中、エルベ川クルーズを楽しんだことがもう昔の夢の中のことに思えます。
美しいアウグストゥス橋Augustusbrückeもすぐそばに見えています。この橋を渡ると、新市街Dresden Neustädtです。さきほどまで新市街にあるチーズ屋さんに寄っていました。

2023051608.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2023051609.jpg



ほぼ、今日の日程は終えましたが、もう少し、この美しい街を歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR